*

水ダイエットとは?正しいやり方とその効果について

      2016/02/29

水ダイエットとは?正しいやり方とその効果について

秋は、食欲の秋とも言われ美味しいい食べ物が多い季節でもありますよね。

秋から冬にかけては、特に忘年会やクリスマス、新年会などなど、イベントも盛りだくさんで食べる機会も多いです。

食べるだけでなくお酒も楽しむとなると、食欲もアップし楽しい一時ではついつい食べ過ぎ飲み過ぎになってしまいます。

なんと、年末年始では3キロ体重が増加する傾向があるようです。

久しぶりに会う友人やクリスマスと言うイベント楽しいイベットで、我慢するのもつまらないですよね。

そこで今回は、簡単にできる水ダイエットについて紹介したいと思います。

水ダイエットとは?

水ダイエットは、誰にでもできる簡単な方法です。

普段飲んでいる水を効率的に身体に取り入れるダイエット方法なのです。

人間の身体は、約70%が水分と言われています。

水分を意識して身体に取り入れ「不要な老廃物」を体外に出すことがダイエットに繋がるのです。

水を飲む事で、尿や汗として体の老廃物を体外に排出しやすくなります。

普段の水の量を調整するだけのダイエットなので、ストレスもなく健康的に減量できます。

ダイエットの天敵は我慢ですよね。

特に、食事を我慢したことによってドカ食いしてしまい、リバウンドをしてしまう傾向があります。

無理なダイエットは長く続きませんが、水ダイエットは我慢いらずで、リバウンドの心配もなく、継続的しやすいダイエット方法なのです。

水ダイエットの効果は?

水ダイエットの効果は?

効果は人によって異なりますが、平均的に1~4ヶ月くらいで実感できます。

  • 基礎代謝がアップして、脂肪が燃えやすくなります。
  • 水を飲む事で満腹感が得られ、代謝がスムーズになります。
  • 身体の老廃物が排出されて、むくみが改善されます。
  • 水分で便を柔らかくし、腸内環境を整えて美肌にも効果的です。

短期的なダイエット方法ではありませんが、リバウンドの心配がなく美容にも効果的なやり方なのでオススメします。

水ダイエットのやり方は?

水ダイエットの方法は「お水」を意識的に飲むというスタイルです。

自分に合った水をチョイスし飲むことで、より痩せやすくなります。

減量効果を高めたい方は「硬水」、マイペースに続けたい方には「軟水」がオススメです。

硬水は軟水よりもミネラルやカルシウムなどが多く配合されています。

これらの成分は身体の循環を活発にし、代謝をアップさせ、腸内環境も整えてくれます。

新陳代謝のアップは脂肪燃焼に繋がり、痩せやすくなります。

また、腸内環境が整えば便秘改善にもなりスッキリして、美肌効果も期待できるイイことばかりです。

ただ、硬水は軟水と比べてドロっとしているので飲みにくいかもしれません。

慣れないと抵抗感があるかもしれませんが、そのうち慣れるので大丈夫です。

メーカーだと「evian」や「コントレックス」などは軟水で、 飲みやすいお水です。

他にも「いろはす」や「南アルプスの天然水」、「水道水」も軟水です。

硬水に比べるとミネラル成分は少ないですが、飲みやすいのでストレスなく続けることができます。

最初に軟水で慣れてから硬水に移行していくのも良いでしょう。

後ほど紹介しますが、今流行りの水素水を上手く利用するのも賢い方法です。

どれぐらいの量を飲めばいいの?

どれぐらい飲めばいいの?

水ダイエットに効果的な量は、体重の約4~5%がくらいが目安と言われています。

例えば体重50キロの方は、約2~2.5リットルのお水が効果的という感じです。

自分の体重と計算し、正しいお水の量を確認して下さい。

飲み方のコツは、こまめに飲むという事です。

身体の水分量が急激に増えると、身体内に負担が掛かってしまいます。

それを防ぐためにも、こまめにお水を飲む事が大事になってきます。

見安は「コップ1杯の水」を、細々と飲むことを心掛けましょう。

水を飲むタイミングは?

  • 朝起きた時
  • 食事をする時、朝・昼・晩
  • 家事や仕事の合間
  • 入浴する前後
  • 夜寝る前

これらのタイミング以外にも、飲みたくなったら積極的に飲んでもオッケーです。

水ダイエットの注意点

水ダイエットの注意点

間違った飲み方をすると、冷えやむくみ太りに繋がってしまうので気を付けて下さい。

冷たい水は避ける

冷たい水は身体を冷やしてしまいます。

胃腸に負担をかけ、血液の流れを悪くし、代謝機能を低下させてしまいます。

これはダイエットや美肌には不向きなので、「常温水」か「白湯」を飲むように心がけて下さい。

睡眠前に一気に飲むのは避ける

寝る前にはコップ1杯程度ならばオッケーですが、飲み過ぎは逆効果です。

一気に水を飲む事は、身体内に水分が滞ってしまいます。

これは、翌朝のむくみにも繋りますので、寝る直前ではなく寝る30分から1時間前に飲む事がベストです。

コーヒーやジュースを代わりにしない

水をジュースやコーヒーなどで置き変えるのはNGです。

同じ水分なんだからという気持ちは分かりますが、ジュースは糖分が多く逆に太ってしまいます。

コーヒーもカフェインが多く、健康にあまりよくありません。

水を飲む事で、体内の循環の巡りを良くし、痩せやすくなるので水を飲みましょう。

トイレに気をつけよう

当然ですが、水を飲むとトイレが近くなります。

最低でも日中は5回~10回くらいトイレに行きたくなることもあるので、水ダイエットは休日などに行うのがオススメです。

仕事でトイレに行けない時や外出が多い時などは控えましょう。

以上の点に気を付けていれば、効果も大きく期待できます。

まとめ

水ダイエットは、普段飲んでいる水を意識して摂取するだけと、簡単にできるダイエット方法でした。

水ダイエットは長く続けられる最適な方法です。

イベントが多くなるこの時期は、思いっきり楽しみましょう!

その分、翌日から水ダイエットで調整すればオッケーです。

市販されている水で行うのも良いですが、最近流行りの水素水で行うとより効果的です。

水素水の効果って?ダイエットにも美容にも良いの?

水中毒とは?水の飲み過ぎによる体への悪影響

お試しで安く水素水が購入できますので、この際に一度試してみてはいかがでしょうか?

水素水は美容にもダイエットにもかなり効果的と言われています。

こちらの動画も参考にしてみて下さい。

公式サイト:始めよう!【水素水生活】

 

  関連記事

飲むだけで痩せる!ダイエットに良い飲み物とは?

ダイエットに良いとされている飲み物について紹介しています。飲むだけで痩せるなんていうものは果たして存在するのか?

水素水の効果って?ダイエットにも美容にも良いの?

水素水がダイエットや美容に効果的というのは良く言われていますが、ここでは実際にどのような効果があるのかを紹介しています。

ダイエットの停滞期には水を飲むだけで追い込みを!

ダイエットしても体重や体脂肪が減らない停滞期があります。そんな時は水を飲むだけダイエットで一気に追い込みをかけよう!