*

お茶でダイエット!その種類と効能とは?

      2017/09/30

お茶でダイエット!その種類と効能とは?

「お茶でダイエットしよう!」なんてよく言われていますよね。

飲むだけでやせるなんてありえない、これまでに試したけど効果が無かった、なんて方もいると思います。

たしかに、食事改善も運動も何もしないで、飲むだけでみるみるやせるなんてことはあり得ません。

ですが、お茶には色々と嬉しい効能もあります。

上手く生活に取り入れれば、ダイエットをサポートする味方にもなってくれます。

カロリーが気になる人のための、お茶の活用法をご紹介します。

公式:コーヒーでメラメラパワーをGET!エクササイズコーヒー

「ダイエットにいいお茶」ってどのお茶?

さて、漠然と「お茶」と言われても、何のお茶?ってなりますよね。

最近は、脂肪吸収を抑える働きが認められたトクホのお茶や、ダイエット茶なんてものもたくさん売られています。

「ダイエットにいい」と言われているお茶は、大きく分けて3つの系統があります

  1. 排便や利尿をうながすスッキリ系
  2. 脂肪吸収を抑えるサラサラ系
  3. 脂肪燃焼を助けるメラメラ系

1つずつ、見ていきましょう

1.排便や利尿をうながすスッキリ系

1.排便や利尿をうながすスッキリ系

センナ茶

センナ茶は、便秘解消に効果を発揮すると言われているお茶です。

便秘解消は、ダイエットに限らず健康の基本ですから、あ、良さそう…と思うかもしれません。

ですが、センナ茶を常飲するのは避けましょう。

たしかにセンナ茶は、腸を刺激し、排便をうながす働きがあります。

自然由来だから安心という感じがするかもしれませんが、その成分は、市販されている刺激性の下剤と同じです。

常飲し続けていると腸が刺激に慣れ、自然な排便の力を弱らせてしまうこともあります。

ダイエット茶の中には、この刺激成分がブレンドされているものも多くありますから、注意しましょう。



カモミール・ミント・フェンネル

ハーブティの中で、便秘やむくみ解消に役立つとされているものは色々ありますが、中でもこの3つは手に入りやすいハーブティです。

カモミールやミントは、胃腸の調子を整えてくれるので、食後に飲むとサッパリします。

リラックス効果も高くノンカフェインなので、寝る前のお茶としてもおすすめです。

ただ、ハーブティも、同じものをたくさん毎日飲む、というお茶ではありません。

その日の体調や気分に合わせ、心地いいと感じる香りのものを選びましょう。

甘いミルクティが好きだけどカロリーが気になるという人は、カモミールミルクティに変えてみるのもいいですよ。

もともと甘い香りと味があるので、ノンシュガーでも美味しく飲めますし、低カロリーのマービーやラカントなどの甘味料ともよく合います。

2.脂肪吸収を抑えるサラサラ系

脂肪吸収を抑えるサラサラ系

トクホのお茶や、ダイエットにいい!と言われているお茶の多くはこの系統です。

脂肪吸収を抑える成分が含まれていて、体内に脂肪が蓄積しにくくさせてくれるというものです。

緑茶・ウーロン茶

緑茶やウーロン茶の中でも、とくに高カテキンのお茶はトクホ指定を受けていたりします。

しかし、別にトクホのお茶でなくても、緑茶やウーロン茶には基本脂肪吸収を穏やかにしてくれる働きがあります。

中性脂肪やコレステロールが気になる、という人に向いているお茶ですが、1つ注意点があります。

トクホのお茶と言っても、薬ではありません。

脂肪吸収を多少抑えてくれるだけであって、魔法のようにリセットしてはくれません。

ですが、「これを飲めば大丈夫だから…」と言いながら、普段以上に高脂肪・高カロリーのもの

を食べている人をよく見かけます。

そうなってくると、完全に本末転倒です。

お茶はあくまでもダイエットのサポート役なので、基本の食事バランスや運動は忘れないようにしましょう。

飲み過ぎるとカフェインの摂り過ぎになったり、胃を痛めたりするので、適量に抑えることが大切です。

食事の際も、たくさん飲むと胃液が薄まり、消化を妨げてしまうので注意しましょう。

プーアール茶

ダイエット茶の代表のようになっているのが、「黒茶」と呼ばれる中国のプーアール茶です。

プーアール茶は、もともと緑茶と同じ茶葉を使っていますが、それを発酵させたものです。

緑茶やウーロン茶以上の高カテキンが含有され、脂肪の燃焼を助ける成分も含まれます。

香港や本場中国では定番のお茶ですが、発酵しているだけに独特の風味があり、好みが分かれます。

安価なものだと、カビのような臭いがするときもあります。

できれば、中国茶を専門に扱っているお店や、日本で茶葉を管理しているメーカーのものを選びましょう。

脂っこい食事の前後に飲むと、消化を助け、脂肪の蓄積を穏やかに防いでくれます。

桑の葉茶

個人的におすすめなのは、桑の葉茶です。

マルベリーとも呼ばれます。

⇒ 神仙桑抹茶ゴールド

ウーロン茶にも似た香ばしい味と香りですが、ノンカフェインなので、カフェインが苦手な方でも大丈夫です。

その効能をご紹介しましょう。

  • 糖尿病の予防
  • 脂肪の蓄積を防ぎ、太りにくい身体をつくる
  • 便秘改善が期待される

など、ダイエットに嬉しい成分も含まれています。

ビタミンやミネラルも豊富なので、味が好みに合えば、ぜひ取り入れてみてください。

3.脂肪燃焼を助けるメラメラ系

脂肪燃焼を助けるメラメラ系

上で出てきたプーアール茶は、サラサラとメラメラの両面をあわせ持っています。

運動前に飲むと、効率のよい脂肪燃焼をサポートすると言われています。

ショウガ茶

ショウガは身体を温め、代謝や脂肪燃焼をサポートしてくれます。

自分でショウガをすりおろし、絞り汁を好みのお茶に入れてもいいでしょう。

また、手軽な粉末も売られています。

市販のものでは、最初からショウガがブレンドされた紅茶やルイボスティがあります。

特に冬場は、体温が低くなって代謝も落ちやすくなりますので、お風呂に入る前や運動前に飲むと、特に効果が期待できます。



まとめ

ダイエットサポートにおすすめのお茶や、飲む際の注意点をご紹介しました。

効能は色々ありますが、一番大切なのは、味が好みに合うかどうかです。

美味しくないものを無理やり飲んでも、ストレスになるばかり。

美味しいから飲んでいて、いつの間にか体質や食生活が改善されてきた…という方が、リバウンドも防げます。

色々試してみて、お気に入りのお茶を見つけてください。

次は、ダイエットに効果的と言われるコーヒーダイエットについても参考にしてみて下さい。

公式:コーヒーでメラメラパワーをGET!エクササイズコーヒー

詳細:ほんとに痩せる?コーヒーダイエットの効果と正しい方法

 

  関連記事

手っ取り早く痩せる方法▼ダイエットランキング▲

【ダイエットランキング】あなたはどれを選ぶ?確実に痩せたいならこの方法でダイエットしよう!

ほんとに痩せる?コーヒーダイエットの効果と正しい方法

意外と知られていない効果的なダイエット方法として、コーヒーダイエットがあります。その効果と正しい方法を紹介しています。

夜トマトダイエットで健康的にダイエットできる!

トマトの栄養素は健康的なダイエットに効果的です。以前よりもさらにパワーアップしたトマトダイエットを紹介しています。

ダイエットにおすすめの食材はチョコレートとバナナ?

ダイエット中は特に甘いものが食べたくなってしまいがちです。そんな時はダイエット食材で作れるチョコバナナがおすすめ!

緑茶はダイエットに効果あり?その効能と注意点

トクホのお茶に代表されるように、緑茶にはダイエット効果があると言われています。その効能と注意点も併せて紹介しています。

低GI食品『えん麦のちから』で穀物ダイエットにチャレンジ!

低GI食品として話題になっているえん麦。これは簡単に言えば穀物ですが、その栄養素がダイエットに最適と言われています。えん麦の効果とその方法について詳しく紹介します。

ヨーグルトダイエットのやり方は?低カロリーで便秘も解消!

ヨーグルトは低カロリーで栄養がとても豊富。健康的に痩せることができると言われています。ヨーグルトダイエットの方法を説明。

グラノーラがダイエットに効果的な理由と正しい食べ方とは?

ダイエットに効果的だと言われて人気のあるグラノーラ。具体的にどんなダイエット効果があるのか?グラノーラの正しい食べ方も紹介します。

痩せる食事の仕方とダイエット食材とは?

食事の仕方を少し工夫するだけでもダイエットに効果的です。痩せる食事の仕方とダイエット食材について紹介しています。

チアシードを食べてもダイエット効果なし?

いま話題のダイエット食材「チアシード」。意識して食べてるのにダイエット効果がないという口コミもありますが、その真相とは?