*

短期間のダイエットは危険過ぎる!?正しい健康的なダイエット方法とは?

   

短期間のダイエットは危険過ぎる!?正しい健康的なダイエット方法とは?

近年、さまざまなダイエットが現れては姿を消していきます。

一見するとどのダイエットも魅力的で簡単にできそうですが、どのダイエットにもデメリットがあるのは必然といえるでしょう。

ここではさまざまな危険なダイエットについてご紹介します。

健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素

短期間でのダイエットの危険性

短期間でのダイエットの危険性

さまざまなダイエット方法があるなかで、多くのダイエットでは短期間での成果を謳っているのが多いのも事実です。しかし、これは概して危険であることが多いということを頭に入れておかなければなりません。

人間の体は生まれてから長い間その体内で、その肉体にあったベストな代謝や分泌、消化などのリズムを刻んでいます。そして、それらの化学物質の代謝にはどんなにがんばっても限界というものがあります。

脂肪を減らす方法は二つ

多くの場合、ダイエットは脂肪を落とすという意味で使われますが、脂肪を確実に落とすためには、燃焼をさせるしかありません。

脂肪の燃焼を促す方法はたった2つしかなく、それは激しい運動飢餓です。そのため、痩せるためのダイエット方法は、運動量を今より増やすか、食事制限をするしかありません。

しかし、運動量を劇的に増やして体重を減らしたとしても、運動する習慣をやめた途端にまた太り始めてしまうし、食事制限で痩せたとしてもまた普通の食事に戻せばまた同じ体重に戻ってしまいます。

運動にしても食事制限にしても、片方をこれまでの生活習慣から劇的に変化させることは不可能です。両方を並行してバランス良く減らしていくのが理想的ですが、通常どんなにがんばっても、長年培ってきた身体の蓄積エネルギーである脂肪を落とすのには時間がかかるものです。

体重に換算して、1年間で数キロ痩せることができればベストといえます。

それほどまでに、身体の代謝を大きく変えるということは難しいことなのです。

テレビなどのメディアでは、1年間で20キロ減などとPRされることも珍しくありませんが、それがいかに身体に負担をかけているか分かりますよね。そしてその後リバウンドしていることも忘れてはいけません。

食事制限による間違ったダイエットしてない?リバウンドどころか命の危険に繋がるかもよ?

もちろん、スポーツ選手並みに運動をすれば脂肪は減少しますが、たいていそうした重労働は好まれません。

残る方法は飢餓によるものです。忘れないでほしいのは、飢餓状態で行ったダイエットでは、脂肪と同時に代謝に必要な筋肉まで奪ってしまうということです。

これは、そのダイエットに挫折して食生活が戻った場合、以前より確実に代謝の効率が下がっていることを意味します。

そして、飢餓状態の身体は積極的に脂肪を溜め込もうとするため、必然的に太りやすい体を形成してしまうのです。

健康的なダイエットに必須!
栄養素が詰まった酵素ドリンク

食事の栄養バランスを著しく制限するダイエット

食事の栄養バランスを著しく制限するダイエット

たいていのダイエットは栄養バランスをコントロールすることにより、一時的に痩せたように見えることが多いでしょう。

しかし、それは生理的な仕組みを紐解いてみると一部の栄養素の欠落であり、場合によってはさまざまな副作用・弊害が大きく出てくるものです。

炭水化物抜きダイエット(糖質制限)、野菜中心のダイエット、特定の食物だけを制限したり摂取しようとするものがこれにあたります。

特に、「ダイエット中は野菜さえ食べておけばいいだろう」というのは間違いで、脂肪やタンパク質も人間にとって必要な栄養素なのです。

では、三大栄養素を中心に、それらを制限することによる危険性を見て行きましょう。

炭水化物、糖質制限

人間の体はさまざまな栄養素をエネルギーに変えますが、中でも有名なのは糖分を主体とする炭水化物でしょう。もっともエネルギー効率がよいものが炭水化物であり、もっともすばやくエネルギーに変換される栄養素でもあります。

特に、脳のエネルギーはこの糖分しかないため、糖分が不足していると十分に頭が働かなかったりといった現象が起こります。

テストの朝にバナナを食べたり、運動で疲労した際にチョコレートを摂取することが推奨されるのは、いち早くエネルギーを作り出す素を摂取することで、身体のエネルギー不足を防いでいる目的があるのです。

糖分=炭水化物を大きく削るダイエットは、このエネルギーの素となる部分を絶っているため、最悪の場合生命活動に直結するということを深く認識しておきましょう。

さて、こうして書くと、いかにも糖分が大切であり、その他の栄養素があまり大事ではない印象を受けます。

勘違いされやすいのですが、私たちの体はエネルギーを作る際に、決してひとつの栄養素を選択して使っているわけではないということです。

炭水化物ダイエットの正しい方法とは?

脂肪、タンパク質

炭水化物のほかに、脂肪、タンパク質といった主要素ももちろんエネルギーとして利用できるものであり、これらは糖分が分解されるのと平行して代謝されています。

タンパク質の代謝が滞れば、タンパク質からつくられるさまざまな酵素が産生できなくなりますから、当然生命活動に影響があります。

また、私たちの筋肉はタンパク質でできており、タンパク質を摂取しないということは、筋肉の素となる栄養素が供給されません。

普段わたしたちが体を動かすときには必ず筋肉を使い、その動きによってもエネルギーが生まれているとともに、さまざまな代謝を促進させているため、筋肉力が落ちると生命の代謝そのものが低下します。

減らす?増やす?正しいタンパク質ダイエットとは?

脂肪はどうでしょうか。脂肪はダイエットにおいて一見すると嫌われがちですが、さまざまな臓器と臓器の緩衝材の役割を果たすとともに、血管や臓器の弾力にも影響しています。

脂質が大きく削られると、血管の脂質も減るでしょうから少なからず内代謝に影響があります。

体脂肪を減らしたい、すなわち脂肪の摂取を過度に制限するというのは間違いです。

以上のように、私たちの体は絶妙なバランスの上で3大栄養素をエネルギーとして活用しているのです。これをしっかりと理解しておらず、栄養が偏ると、ダイエット以前に体にダメージがあることを是非知っておいてください。

体脂肪率は当てにならない!?まずは『体重3キロ痩せる』ためのダイエットプランの立て方

「ダイエットしてるのに何故か痩せない…」その原因、野菜不足かも!?

正しい健康的なダイエットとは

正しい健康的なダイエット方法とは

ダイエットという言葉が「痩せる」と思っている人はけっこう存在します。

実はダイエットというのは、自分の適正な体重や体脂肪率を維持する行為のことをいい、痩せすぎの人は「太ること」がダイエットとなるのです。

現代医学の蓄積された知見と統計により、体重や身長からその人があるべきエネルギー量や体脂肪率、適正な体重というものが算出できるようになっています。

基本的には、これに近づける形で自分自身をコントロールしていくことがもっとも健康であり、無理のない身体作りといえます。

カロリー計算できてる?ダイエット中の正しい食事制限

痩せ過ぎに要注意!

近年の研究で、太りすぎの人はもちろん、痩せすぎの人も心筋梗塞や呼吸器系の疾患による死亡リスクが同等に高いことがわかってきました。

つまり、痩せすぎは太りすぎと同じくらい健康を害しているということに他なりません。特に10代は身体的な差異が顕著に現れるとともに、非常に見た目に意識が向かう年頃です。

他の方よりも少しでも痩せたい、スリムでいたいという気持ちは理解できますが、健康にとっては非常にまずいというのが現実です。

また特に女性の身体は、もともと妊娠というイベントに耐えうるための身体構造となっており、男性よりも脂肪を蓄えやすい身体となっています。

これは決してネガティブなことではなく、妊娠した際に胎児が適切に成長するための環境を整える意味でも非常に大切なことといえるでしょう。

痩せすぎの女性は近年増えていますが、こうした女性の多くは概して標準よりも太ももが細い傾向にあります。太ももというのは体の中でもっとも大きな筋肉のひとつと呼ばれており、体を動かすための要ともいえる筋肉です。

加えてさまざまな代謝の効率を上げている要となるのも実はこの太ももの筋肉、脂肪なのです。

太ももに十分な太さがないと、まず熱を維持することができず、冷え性となります。冷え性となると代謝が下がり、さまざまなホルモンのバランスが不順となりますから、生理周期も安定しません。

また、痩せ過ぎの場合、妊娠しても差胎児を支えるだけの筋肉がないばかりか、適切な温度を保てずに流産してしまったり、早産児のリスクも非常に高いのです。

健康的に太る方法とは?スリムとは違う『ガリガリ』な痩せ過ぎに要注意!

自分の適正な体重・体脂肪を把握する

太っているのは決してよいことではありませんが、基準値内での増減というのはありますし、決して痩せているほうが良いということでもないのです。

トータルで見て適切に身体の健康を維持していくためには、なによりもまず自分がどのくらい太っている、または痩せているのかをしっかりと把握すること。

そして、その上で、標少しでも近づけるための努力をしていくことが重要といえます。これこそが真のダイエットであるということを忘れないでください。

もっと太りたい!体重を増やしたい!大食いなのに食べても太れない原因って病気?

まとめ

以上のように、安易に痩せることは非常にリスクがあることがわかりましたね。

ダイエットは短期間で決して無理をせず、少しずつ身体に負担がかからないよう痩せていくことがもっとも正しく健康的であるといえます。

ダイエットを進めながら、同時に普段の生活習慣を適正なものに戻して行くという作業を意識して行って下さい。

また、自分にとっての基準値を意識して、痩せすぎにならないよう配慮することも頭に入れておくとよいですね。

健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素

 

  関連記事

筋肉ムキムキになるのは誤解!?健康的に痩せるために必要なプロテインの種類と飲み方

プロテインを飲むと筋肉ムキムキになるというイメージが先行しがちですが、健康的に痩せるためにも必要不可欠な栄養素。ここでは痩せるためのプロテインの種類と飲み方を紹介。

もしかして食べ過ぎかも?過食症の症状と原因とは?

ただの食べ過ぎと過食症では、その症状や原因が根本的に違ってきます。食欲がなかなかおさまらない…という人は、ぜひ一度参考にしてみて下さい。

引き締まった体に!体脂肪を集中的に減らす方法

食べ過ぎて太ってしまうととても厄介なのが体脂肪です。ここでは体脂肪を集中的に減らして引き締まった体になるための最短な方法を紹介します。

年齢と共に太りやすくなったら!ファンケル『大人のカロリミット』の効果とは?

「昔はダイエットをすればすぐ痩せれたのに、年齢とともに太りやすくなった…」と感じている人にはファンケルの大人のカロリミットがおすすめ!

ダイエットは血糖値を意識することが大事!血糖値を下げる食事とは?

健康を維持するためには血糖値がキーワードになりますが、それはダイエットにおいても同じことが言えます。ここではダイエットとの関係や血糖値を下げる食事について紹介します。

JAWBONEの活動量計「UP2」で健康管理を見える化!

JAWBONEの「活動量計」知っていますか?運動・食事・睡眠などの健康管理が簡単にできるデバイスとして人気です。ここで、その機能や使うことによるメリットを紹介。

体脂肪率は当てにならない!?まずは『体重3キロ痩せる』ためのダイエットプランの立て方

実は体脂肪計はあまり当てにならないとも言われています。ここでは体脂肪率を目安にするよりも、まずは体重3キロ痩せるためのダイエットプランの立て方を紹介します。

もっと太りたい!体重を増やしたい!食べても太らない原因は?

ダイエットが流行っている裏側で、痩せ過ぎで「もっと太りたい、体重を増やしたい」と悩んでいる人もいます。しっかり食べても太れない原因と対策を紹介します。

ゼロカロリー食品はおすすめ?食べても太らないおやつ6選

ダイエット中は食事制限をするため、どうしても空腹感からストレスを溜めてしまい、結局失敗…なんてことも。ここで食べても太らないおやつ・お菓子を厳選して紹介!

「疲れが溜まっているな…」と感じたら、自律神経が乱れているかも?

「疲れが溜まっている」「なんだか疲れが取れない」そんな時は自律神経が乱れているのかもしれません。日々の生活や食事をここで一度見直してみましょう。