*

【レシピ公開】えん麦による腸内フローラ改善生活とは?

      2016/01/30

【レシピ公開】えん麦による腸内フローラ改善生活とは?

先日、たけしさんのテレビで、『2016年最新版!名医が明かす先取り健康法』についての特集内容がありました。

その中でも、注目されていたのが【腸内フローラ】です!!

番組内では、実際に2名の女性が1週間の【腸内フローラ改善生活】を送ったところ…

「お通じ改善」はもちろん、「ぽっこりお腹解消」や、糖尿病予備軍の「血糖値が正常範囲内」に!

超気になる!わずか1週間で改善!

ここでは、番組にもあったように、腸内フローラ改善にポイントをあてて紹介したいと思います。

ダイエット中で便秘の人はもちろん、痩せにくい体質の方も参考にしてみて下さい。

今日のポイントは「えん麦」。

えんばくと読み、これは穀物です。

最近流行りの穀物ダイエットによく使われる食材です。

食物繊維が玄米の9倍!
低GIの「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

『腸内フローラ改善生活』とは、、

『腸内フローラ改善生活』とは、、

【助っ人食材×エサ食材】を意識的に摂取すること!

二種類の合わせ技で腸内を綺麗にして便秘改善、そして痩せやすい体質に!

どちらか一方だけでは相乗効果が期待できないため、合わせ技で一本というぐらい組み合わせが大事なのです。

▼『助っ人食材』とは?

ヨーグルトやチーズ、納豆などの【菌】を豊富に含む食品のこと。

今、注目の発酵食品ですね!

発酵食品は善玉菌を増やし、腸にとても良いということでも有名です。

昨今ブームの塩麹や、甘酒も助っ人食材になります。

しかしこれだけでは、せっかく摂取した菌も活躍できません。

▼『エサ食材』とは?

『助っ人食材』に多く含まれる【菌のエサ】になる食材のこと。

菌のエサとなることからも、善玉菌を育てて腸内を綺麗にしてくれます。

バナナ、りんご、ごぼうやえん麦、大麦などがオススメです。

ちなみに番組内では食物繊維、特に『水溶性食物繊維』を多く含む食品をおすすめしていました!

食物繊維には水溶性と不溶性の二種類がありますが、どちらも腸内環境を整える上で大切なものです。

えん麦にはその両方が含まれています。

▼助っ人食材×エサ食材レシピ

番組内では改善生活を送っていた2人の女性が独自に献立を考えていましたが…大変ですよね。。

助っ人食材でせっかく増やした菌。

これを助っ人食材とエサ食材で活性化させて、元気におなかの中で暮らしてもらうには改善生活を続ける事が大切。

そこで、えん麦のちからを使えば簡単に毎日続けられます。

「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

では、【助っ人食材×エサ食材レシピ】をお伝えいたします!

\注目!/腸内フローラ改善レシピ【3つ】

\注目!/腸内フローラ改善レシピ【3つ】

◇その1≪ドライフルーツヨーグルト≫

http://www.oatlife.co.jp/recipe/yogurt.html

助っ人食材「ヨーグルト」にエサ食材「えん麦」をミックス!

◇その2≪豆乳味噌スムージー≫

http://www.oatlife.co.jp/recipe/201412_kabu-tonyumiso.html

助っ人食材「味噌」にエサ食材「えん麦」入りスムージー。

今の季節にぴったりのホットでどうぞ!

◇その3≪小豆の甘酒スムージー≫

http://www.oatlife.co.jp/recipe/cafe_recipe_amazakesmt.html

助っ人食材「甘酒(麹)」にエサ食材「えん麦」「バナナ」「小豆」を。

どのレシピも【水溶性食物繊維】を菌にたっぷり与えながら、召し上がれるスゴいレシピです。

これらはあくまでレシピの一部なので、基本さえ押さえておけばあらゆるレシピにアレンジできるはずです。

特にえん麦は飲み物や料理に溶かして食べれるので、野菜サラダなどをたくさん食べるよりも楽ですよ♪

まとめ

便秘を改善しつつ痩せやすい体質を作るには、腸内環境を整える必要があります。

そのためには、腸の善玉菌を育てるためのエサ食材が必要。

特に、肉類や炭水化物の食事を多くとっていると、悪玉菌が繁殖して便秘だけでなく、太りやすい体質にもなってしまいます。

えん麦には食物繊維が玄米の9倍も含まれ、それでいて腸内環境を整える効果も期待できます。

玄米ダイエットは栄養的にも効果的!でも、味が苦手?

普段からお通じがあまり良くない人はもちろん、ダイエットによって便秘になってしまった人、ダイエットしてもなかなか痩せないという人におすすめできます。

上記レシピのように、ヨーグルトなどにエサ食材『えん麦』を混ぜて食べてみて下さい。

ちなみに、えん麦はパウダー状のものが販売されているので、ヨーグルトや牛乳はもちろん、コーヒーやあらゆる料理に混ぜて食べることができます。

公式サイト:低GI食品なら「えん麦のちから」

こちらの記事でもっと詳しく紹介しています。
低GI食品『えん麦のちから』で穀物ダイエットにチャレンジ!

オリゴ糖でダイエット中の便秘も治る?『カイテキオリゴ』の口コミ

 

  関連記事

チアシードを食べてもダイエット効果なし?

いま話題のダイエット食材「チアシード」。意識して食べてるのにダイエット効果がないという口コミもありますが、その真相とは?

玄米ダイエットは栄養的にも効果的!でも、味が苦手?

玄米はダイエットにとても効果的な食品です。注目すべきはその栄養と食物繊維。玄米の種類や白米との違いについて、そして炊き方なども併せて紹介しています。

腸内フローラとは?腸内環境を改善すると便秘も解消?

最近メディアで取り上げられている腸内フローラ。腸内フローラって一体なに?健康維持はもちろん、ダイエット中の便秘対策としても効果的なので参考にしてみて下さい。

便秘気味ならやっぱりバナナダイエットがいいの?

流行のバナナダイエットはバナナの栄養素をフル活用して、そして同時に便秘まで解消できる夢のダイエット方法!と思いきや、そこには大きな落とし穴が・・・

オリゴ糖でダイエット中の便秘も治る?『カイテキオリゴ』の口コミ

ダイエット中に限らず日ごろの便秘はとても辛いですよね。ここでは便秘が解消できる『オリゴ糖』についてと、口コミで評判の『カイテキオリゴ』を紹介しています。

ヨーグルトダイエットのやり方は?低カロリーで便秘も解消!

ヨーグルトは低カロリーで栄養がとても豊富。健康的に痩せることができると言われています。ヨーグルトダイエットの方法を説明。

肥満と便秘に効く!?本気で脂肪を落とすなら生漢煎『防風通聖散』

女性にとっての悩みの種と言えば肥満と便秘。体質的なことから脂肪が付きやすく、便秘にもなりやすいとされています。ここで肥満と便秘に効くと人気の生漢煎「防風通聖散」を紹介します。