*

オリゴ糖でダイエット中の便秘も治る?『カイテキオリゴ』の口コミ

   

オリゴ糖でダイエット中の便秘も治る?『カイテキオリゴ』の口コミ

便秘で悩んでいる人は多いと思います。

ヨーグルトや青汁やバナナ、便秘に効果があると言われている食品は色々ありますが、オリゴ糖もその1つです。

ヨーグルトダイエットやバナナダイエットの関連記事はこちら。

ヨーグルトダイエットのやり方は?低カロリーで便秘も解消!

便秘気味ならやっぱりバナナダイエットがいいの?

そんなオリゴ糖が含まれているオリゴ糖食品の中で、現在一番売れていると言われているのが『カイテキオリゴ』という製品です。

口コミでもなかなかの評判のようです。

私自身も便秘がちで、オリゴ糖食品も多数試した経験があります。

そして、カイテキオリゴも実際に試してみました。

その結果、確かにいい、と思いました。

カイテキオリゴ

  • カイテキオリゴは他のオリゴ糖食品とどう違うのか…
  • そもそも、なぜオリゴ糖が便秘解消に効果があるのか…

その特徴やおすすめの使用法など、口コミやメーカー側の説明だけではなく、私自身の実体験と解釈を加えてご紹介します。

まずはカイテキオリゴの特徴を詳しく知るために、糖類とオリゴ糖について解説したいと思います。

日頃から便秘に悩まされている人はもちろん、ダイエット中の方も参考にしてみて下さい。

糖類について

砂糖やオリゴ糖など「糖」のつくものはたくさんありますが、もともと糖類とは、炭水化物と呼ばれる化合物の中から食物繊維を除いたものをいいます。

意外ですが、食物繊維も炭水化物の仲間なんですね。

食物繊維以外の炭水化物には、砂糖、オリゴ糖、デンプンなどの糖類があります。

これら糖類は、すべて何種類かの単糖の組み合わせでできています。

単糖には、果糖、ブドウ糖、ガラクトースなどがあります。

このうち果糖分子1つとブドウ糖分子1つが結びついたものがショ糖です。

ショ糖のように単糖分子が2つ結びついたものは二糖類と呼ばれます。

砂糖と言われているものは、二糖類であるこのショ糖が主成分です。

含まれているショ糖の割合が高くなるほど、結晶が純度のある無色透明になって甘味もスッキリとします。

一般的な白砂糖は約97%ほどがショ糖なので、その他の成分はほとんど含まれていません。

黒砂糖も多くの成分はショ糖なので白砂糖と同じ砂糖ですが、ショ糖の純度は低く、ミネラル分や食物繊維が精製されずに残っています。

その分、白砂糖よりは多少カロリーが低く、栄養面でも身体にいいイメージがあるんですね。

オリゴ糖について

では、「オリゴ糖」って何なんでしょうか。

名前の感じから砂糖の仲間って気はしますが、具体的にどういう食品なの?と昔は疑問でした。

実は、上記のように「オリゴ糖」は特定の糖類を指す言葉ではありません。

それではオリゴ糖はと言うと、単糖類がショ糖とは別の形で、もしくは複数が結びついたものを指します。

さらにたくさんの単糖類が結びついていくと、デンプンなどの多糖類になります。

糖類が身体に吸収されて栄養として血液をめぐるためには、消化酵素によって単糖類の形まで分解されなければいけません。

そのため、たくさんの単糖類が結びついているものほど、他の成分が混じっているものほど、消化吸収の速度は穏やかで血糖値はあがりにくくなります。

さらにオリゴ糖には、人間の消化酵素では分解できない難消化性オリゴ糖というものがあります。

難消化性オリゴ糖の場合、糖分はエネルギーとして吸収されず、血糖値を上げることはありません。

オリゴ糖の効能

オリゴ糖の効能

上記のような性質から、オリゴ糖には以下の効能があると言われています。

  • 血糖値に影響しにくい
  • ダイエットに向いている

また、虫歯の原因菌が好まないので、虫歯になりにくい。

さらにその構造上、カルシウムなどミネラル分の吸収をよくするなどの特徴もあります。

そして何より、腸内環境を整えるというのが、オリゴ糖の大きな働きの1つです。

オリゴ糖が腸内環境を整える理由

オリゴ糖と言っても多数の種類がありますが、腸内環境を整えると言われているのは主に難消化性のオリゴ糖です。

その理由は、難消化性のオリゴ糖は、胃や小腸での影響を受けずそのまま大腸まで届くからです。

大腸には様々の種類の細菌が暮らしていることが知られていますが、中でも腸内の環境を整える代表菌は乳酸菌ですよね?

この乳酸菌は、ある種のオリゴ糖をとても好みます。

一方、悪玉菌と呼ばれる細菌たちは、オリゴ糖を栄養源として活用するシステムが備わっていません。

そのため、難消化性のオリゴ糖を摂ると、乳酸菌などの善玉菌が元気になって増殖し、腸内での善玉菌の立場が強くなるわけです。

乳酸菌は腸内で様々な酸を生産しますが、これは大腸内に残ったものを分解して、腐敗を防いでくれる働きをします。

オリゴ糖と乳酸菌の組み合わせ

オリゴ糖と乳酸菌の組み合わせ

先にも書いた通り、オリゴ糖は単糖類がいくつか結びついた糖類の総称なので、たくさんの種類があります。

中には、血糖値を上げるもの、虫歯の原因になるもの、そして乳酸菌の栄養源にはならないオリゴ糖もあり、その性質は様々です。

「オリゴ糖を含んでいるから必ずいい」というわけではありません。

また、乳酸菌にも数多くの種類があり、どの種類がどの程度その人の大腸内に暮らしているかはわからないのです。

ヨーグルトをいくら頑張って食べても、乳酸菌サプリを飲んでも、そこに含まれている乳酸菌がその人の大腸と相性が悪ければ、結局すべて死滅してしまうこともあります。

オリゴ糖も、それぞれの乳酸菌によって好むオリゴ糖が違うので、自分のお腹に住みついている乳酸菌に合ったオリゴ糖を届けてあげないといけないわけですが…

「そんなの無理」ですよね。

わかりませんから。

なので、通常私たちができる判断とすれば、色々なオリゴ糖製品を試してみて、身体の反応を確かめるしかないわけです。

カイテキオリゴの特徴

カイテキオリゴの特徴

『カイテキオリゴ』は、そんなオリゴ糖と乳酸菌の組み合わせの難しさを解決したという面で、他とは一線を画した商品となっています。

どのような特徴があるのでしょうか?

独自特許EOS理論について

独自特許EOS理論について

独自特許EOS理論について

『カイテキオリゴ』には、オリゴ糖と乳酸菌の組み合わせの問題点に対応するために、独自のEOS理論というものを製品づくりに活用しています。

これは、複数のオリゴ糖を組み合わせることで、現代の研究で解明されている乳酸菌をほぼ、まんべんなく活性化できるという画期的な方法です。

どの乳酸菌にも好まれるなら、別にどの種類の乳酸菌が自分の腸に住んでいるかはわからなくたっていいことになります。

このEOS理論により、『カイテキオリゴ』は他にはない高い効果を実感できる商品となったわけです。

主になるオリゴ糖は植物由来のラフィノース

EOS理論に基づき、何種類かのオリゴ糖が独自に配合されている『カイテキオリゴ』の主となるオリゴ糖は、ラフィースというものです。

ラフィースは、完熟した大豆や野菜などにたくさん含まれる植物由来のオリゴ糖です。
『カイテキオリゴ』は北海道育ちの製品なので、北海道で栽培される名産のてん菜(サトウダイコン=ビート)由来のものが使われているようです。

その他のオリゴ糖も、牛乳や樹木由来のものを使って安全な品質にこだわっていて、乳幼児に与えることもできます。

ただし、食品アレルギーのある人は、少量から注意しながら摂りましょう。

『カイテキオリゴ』の口コミ

『カイテキオリゴ』の口コミ

カイテキオリゴの口コミの中で一番多いのが、「これまで何を試してもダメだったのに…スッキリ出るようになった!」という声です。

便秘にいいと言われている他の食品は、例えばヨーグルトのように乳酸菌を補うものや、青汁やバナナのように食物繊維の力で便秘を解決しようというものが中心です。

ところが、上でも書いたように、乳酸菌をいくら補っても、自分の腸に住みついてくれなければ意味がありません。

また、食物繊維は、便秘のタイプによっては腸をかえって緊張させて、悪化させる恐れがあります。

しかし、自分の腸内に住んでいる乳酸菌に栄養を届けて元気にするという方法は、どのような便秘の人にも悪くない方法だと思います。

だから、「これまで何を試してもダメだったのに…」という声が多いのではないでしょうか。

カイテキオリゴの効果が実感できない場合

反対に、「別に変わらなかった」「効果を感じなかった」という口コミも当然あります。

もちろん、これにはかなりの個人差があると思います。

けれど、『カイテキオリゴ』は食品なので、効果実感には時間がかかる場合もあります。

人それぞれ食習慣も体質も違うので、その人に合ったやり方が見つかるまでは少し気長に試してみるのもいいかもしれません。

『カイテキオリゴ』の販売元では、無料の電話相談も行っています。

摂り方のアドバイスなどは購入時にリーフレットがついていますから、まずはそのやり方で色々試してみて、電話相談も利用してみましょう。

カイテキオリゴを試した個人的な体感

カイテキオリゴを試した個人的な体感

早速、コーヒーとヨーグルトに混ぜて食べてみました。

私個人の体感はと言いますと、そんな劇的な変化はありませんが、便の匂いが気にならなくなりました。

他の体質的な要素も私の便秘には絡んでいるので、私の場合は口コミのようにこれだけで便秘が解決するとは思いませんが、少なくとも腸内環境が良くなってきていることだけは確かに感じます。

これまで、オリゴ糖は色々試しましたが、正直あまり「いい」と思ったことがありませんでしたが、この製品に関しては良さが実感できました。

甘味があまり無いので、どんな飲み物や料理に入れても問題ありません。

私は、野菜や果物のジュースに混ぜたり、温かい牛乳に混ぜたりしています。

まとめ

口コミで話題のオリゴ糖食品『カイテキオリゴ』についてご紹介しました。

オリゴ糖をさんざん試してきた私が公平な目で試してみて、「確かにいい」と思います。

女性に限らず男性にも言えることですが、ダイエット中や日頃の便秘は苦しくて嫌なものですよね。

悩んでいる人は、ぜひ『カイテキオリゴ』を一度試してみてください。

公式サイト:カイテキオリゴ

カイテキオリゴをコーヒーに混ぜるとさらに効果的!
ほんとに痩せる?コーヒーダイエットの効果と正しい方法

 

  関連記事

便秘気味ならやっぱりバナナダイエットがいいの?

流行のバナナダイエットはバナナの栄養素をフル活用して、そして同時に便秘まで解消できる夢のダイエット方法!と思いきや、そこには大きな落とし穴が・・・

【レシピ公開】えん麦による腸内フローラ改善生活とは?

腸内フローラを改善することによって、腸内環境を整えて便秘を解消するとともにダイエットで痩せやすい体質を作る方法を紹介します。

チアシードを食べてもダイエット効果なし?

いま話題のダイエット食材「チアシード」。意識して食べてるのにダイエット効果がないという口コミもありますが、その真相とは?

肥満と便秘に効く!?本気で脂肪を落とすなら生漢煎『防風通聖散』

女性にとっての悩みの種と言えば肥満と便秘。体質的なことから脂肪が付きやすく、便秘にもなりやすいとされています。ここで肥満と便秘に効くと人気の生漢煎「防風通聖散」を紹介します。

玄米ダイエットは栄養的にも効果的!でも、味が苦手?

玄米はダイエットにとても効果的な食品です。注目すべきはその栄養と食物繊維。玄米の種類や白米との違いについて、そして炊き方なども併せて紹介しています。

ヨーグルトダイエットのやり方は?低カロリーで便秘も解消!

ヨーグルトは低カロリーで栄養がとても豊富。健康的に痩せることができると言われています。ヨーグルトダイエットの方法を説明。

腸内フローラとは?腸内環境を改善すると便秘も解消?

最近メディアで取り上げられている腸内フローラ。腸内フローラって一体なに?健康維持はもちろん、ダイエット中の便秘対策としても効果的なので参考にしてみて下さい。