*

腸内フローラとは?腸内環境を改善すると便秘も解消?

   

腸内フローラとは?腸内環境を改善すると便秘も解消?

腸の健康は全身の健康に大きく関わるとも言われますが、腸の健康を大きく左右しているのは腸内フローラの環境です。

最近よく聞くキーワードの一つでもありますが、腸内フローラとはいったい何でしょうか?

腸と細菌の関係

腸は、内臓の中でも最大の表面積を持つ器官です。

複雑に縮まって曲がりくねっているものを全部広げると、その面積はテニスコート1面分に相当すると言われています。

そしてまた、口や肛門とつながっているため外界からの侵入物を常に受ける器官でもあります。

そのため、腸には優れた免疫機能と内部に住む細菌のバランスを整え環境を守る働きが備わっています。

腸内に複数の細菌を住まわせ、外部の病原菌や寄生虫と闘い、食べたものから有益なものを作り出し、不要なものは排泄して体全体の健康を守っています。

腸内フローラとは?

腸内フローラとは、生物の腸内に住む細菌たちが織り成す微生物体系のこと。

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう・「叢」は群れのこと)の数はなんと約100兆個、種類は100種類以上とも言われており、とくに小腸の終わりである回腸部から大腸にかけては多くの細菌たちが種類ごとにまとまりを作ってびっしりと生息しています。

その様子がまるで植物の群衆、お花畑のような形であることから、腸内フローラと呼ばれています。

フローラ(flora)はもともと分類学用語で植物群衆を指します。

かつて細菌は、植物として分類されていたのでその名残でもあります。

100種類、100兆個の細菌たちが私たちのお腹の中で群衆をつくって生息していると考えると、なんだかものすごいミクロだけど壮大な話ですよね。

なぜ、特産品グルメサイトがオリゴ糖をお勧めすることになったのか?

腸内フローラには個人差があります

腸内フローラを織り成す細菌の種類や状態は、個人個人で異なります。

生まれ持った体質が違うように相性のいい細菌も人それぞれ、また、年齢、食生活や習慣によっても変化していきます。

どのような形であれ、その人なりのバランスが保たれていれば、腸内フローラは私たちの腸内で有用に働き健康を守ってくれる存在です。

しかし、何らかの原因でバランスが崩れてしまうと、体に有害なものを多くつくりだし、それらが腸から血管を経由して、様々な組織を傷つけるようになります。

腸内フローラの環境を整えることは、全身の健康とも深く関わっているのです。

腸内フローラの構成要素

腸内フローラの構成要素

腸内フローラを構成する細菌の種類は100種類以上ありますが、大きく3つのグループに分けることができます。

善玉菌グループ

食べ物から体に有用なものをつくりだし、不要なものは排泄するよう腸を動かす菌です。乳酸菌が代表で、ビフィズス菌、乳酸桿菌、アシドフィルス菌など様々な種類があります。

悪玉菌グループ

食べかすを腐敗させ、有毒なアンモニアやガスを発生させます。ブドウ球菌、ウェルシュ菌など、こちらも様々な種類があります。

日和見菌グループ

日和見(ひよりみ)とは、その時の状況によっていい方につくことを指しますが、その名の通り、体調などによって善玉的になったり悪玉的になったりする菌です。大腸菌、バクテロイデスなどがいます。

理想のバランス

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスは、2:1:7がいいとされています。

善玉菌ばっかりの方がいいような気もしますが、やはり何事もバランスで、悪玉菌には悪玉菌で腸内フローラにおける役割があるんですね。

腸内細菌は、自分たちが生きるために住み心地の良い腸内を選んでいるだけであって、私たちの都合ばかりでは動いてくれません。

ただ、共存共栄ということで、普段善玉菌は悪玉菌が増えすぎないように抑え、私たちの腸内環境を守ってくれています。

しかし、善玉菌の勢力が弱り、日和見菌までが悪玉的な働きをしてしまうようになると、腸内フローラは私たちの健康を害する存在となってしまいます。

どのような原因で腸内フローラのバランスが崩れ、環境が悪くなってしまうのでしょうか。

また、どのようにすれば健康な環境を保つことができるのでしょうか。

腸内フローラの環境と関わる要因

腸内フローラの環境と関わる要因

腸内フローラの環境に関わる要因は、いくつか考えられます。

もともとの体質や年齢によってバランスが崩れやすい人はいますが、生活習慣によってある程度はいい環境を保つことができます。

腸内フローラのバランスが崩れているサイン

特殊な顕微鏡でも使わない限り、私たちの目で腸内フローラを見ることはできませんが、体調の変化からバランスの崩れを察知することはできます。

  • ガスが臭い
  • ガスが出ないでお腹がはる
  • 便秘が続く
  • 完全な便秘ではなくても、すっきり感がない
  • 他の部位に比べてお腹が冷たい
  • お腹がぽっこりしてきた

このようなことがあるようなら、腸内フローラの環境が悪くなっている可能性があります。

食べ物との関係

腸内細菌の栄養源は私たちの食事なので、腸内フローラの環境には食べ物が大きく関わっています。

善玉菌を活発に働かせるために重要なのはオリゴ糖です。

オリゴ糖は野菜や果物、発酵食品に多く含まれています。

また、海藻類、ごぼう、山芋、こんにゃくなどに豊富な水溶性食物繊維は、大腸内で発酵して善玉菌の栄養になります。

反対に、悪玉菌の働きを活発にしてしまうのは、肉類、脂肪分などです。

適量ならば体に大切な栄養源ですが、過剰に摂ると小腸で吸収されきらないアミノ酸やコレステロールが大腸におくられ、悪玉菌の栄養となって有害な物質やガスをつくり出す元になります。

おならが臭くなるのは、悪玉菌のつくり出す有害物質のせいです。

有害物質は腸から血管も経由して各組織に悪影響を及ぼすため、食事が偏り腸内フローラのバランスが崩れると、疲れやすくなったり肌が荒れたり、精神状態が悪くなったり、全体的な不調を感じるようになります。

薬の影響

薬の影響

風邪や感染症の治療で使う抗生物質は腸内細菌まで殺してしまうので、抗生物質を飲み過ぎるとお腹の調子が悪くなります。

そのため、抗生物質を処方する際は整腸剤も一緒に出されることが多くなっています。

治療上どうしても飲まなければいけないことはありますが、あまり安易にたくさん飲むのは避けましょう。

とくに、通う病院の科がまたがって抗生物質が重複するとかなりのダメージがあるので、お薬手帳を持参して重複しないように注意してもらいましょう。

また、便秘だからと刺激性の浣腸や市販の下剤を使い続けると、腸が上手く働けなくなってしまいます。

依存性の少ない水酸化マグネシウム系の下剤以外を使う場合は、病院で相談しましょう。

精神的ストレス

腸内環境に大きなダメージを与えるのが精神的なストレスです。

ストレスを意識できている場合はまだいいのですが、ストレスを感じないまま無理を重ねる人は、知らないうちに腸内環境に影響している場合があります。

とくに、怒りや不満をためこみやすい性質の人は要注意です。

抑圧された精神状態で腸内環境が悪くなると、そこから精神に影響し、よけいストレスに弱くなる悪循環が生まれます。

お腹を触ってみて、みょうにそこだけ冷たいとか、硬くはっているとかなら、知らない間にストレスが溜まっている可能性もあります。

精神面や生活に無理がいっていないか目を向けるとともに、お腹を温めたりマッサージをしたりするのも効果的です。

年齢による変化

若いころは、少々の無茶をしても回復力がありますが、年齢とともに腸内の環境も崩れやすくなります。

かなりの個人差はありますが、年齢とともに食事量は少なく、食べる内容も変わってくるのが自然です。

しかし最近は、食事の西洋化によって、年齢を重ねても高タンパク高脂肪のものを食べ続けている人が多く、腸内環境がよけい崩れやすくなっていると言われています。

乳酸菌サプリメントやヨーグルト

乳酸菌サプリメントやヨーグルト

善玉菌を増やすためにと、乳酸菌のサプリメントやヨーグルトを積極的に摂っている人もいますよね。

上手く体に合っている場合には有効かもしれませんが、合わない場合はせっかくの努力も水の泡に…。

腸内フローラの構造は複雑で、たくさんの種類の細菌たちが、自分たちの種族を守るために必死の攻防戦をくりひろげています。

そのため、サプリやヨーグルトで腸内に送りこんだ乳酸菌が、その人の腸内フローラに住みつけるとは限りません。

むしろ、外からの侵入者に対して先住民たちが反応し、腸内が混乱することもあります。

サプリやヨーグルトを摂ってみて、お腹が快調になったのなら問題ありませんが、別に効果を感じないのなら、無理に飲んだり食べたりするのは止めた方が無難です。

人がいいと言っていても、個人個人合うかどうかが違うので参考にはなりません。

それよりは、善玉菌の栄養になるオリゴ糖を含んだ野菜や発酵食品、水溶性食物繊維を含んだ海藻や野菜やこんにゃくなどをバランス良く食事の中に取り入れてみるのがおすすめです。

ただし、どんな食品も偏って摂り過ぎればお腹の負担になります。

美味しく感じられないものを、体のためにと無理にたくさん食べれば逆効果になります。

美味しくバランス良く、をこころがけましょう。

まとめ

私たちの腸内の健康を左右する腸内フローラについてまとめました。

腸内フローラを良好なバランスに保つカギは、

  • オリゴ糖や水溶性食物繊維を多く含んだ食品をバランス良く食事に取り入れる
  • 肉類や脂肪分の摂り過ぎに注意する
  • 抗生物質や下剤の乱用を避ける
  • ストレスと上手く付き合う
  • ときどきお腹を触ってみて、温めたりマッサージしたりする
  • サプリメント類は、自分自身の体の実感を大切にする

腸の健康は、全身の健康にも深く関わります。

便秘の続いている人は、食事や生活習慣を見直してみましょう。

話題になっているカイテキオリゴとは?

代表的な善玉菌といえば『ビフィズス菌』があり、そのビフィズス菌を増やすためにはエサとなる糖分が必要です。

一般的なブドウ糖の場合、ほとんど小腸で吸収されてしまい、ビフィズス菌がいる大腸まで届きません。

しかし小腸で吸収されにくく、大腸のビフィズス菌まで届きやすいのがオリゴ糖なのです。

つまりオリゴ糖を摂取する事で、腸内フローラを善玉菌優位の最適な状態に保つ事が出来ます。

しかし、「オリゴ糖であれば何でも良い」という訳ではありません。

30種類以上のビフィズス菌を万遍なくサポート出来るのは『カイテキオリゴ』のみ!(※特許出願中のEOS理論による)

公式サイト:カイテキオリゴ

 

  関連記事

無理なダイエットが摂食障害の原因に?症状を一度チェックしよう!

無理なダイエットをし過ぎると体に負担がかかります。さらには痩せるどころか、過食症や拒食症などの摂食障害を患ってしまうこともあります。一度症状をチェックしてみましょう。

年齢と共に太りやすくなったら!ファンケル『大人のカロリミット』の効果とは?

「昔はダイエットをすればすぐ痩せれたのに、年齢とともに太りやすくなった…」と感じている人にはファンケルの大人のカロリミットがおすすめ!

肥満と便秘に効く!?本気で脂肪を落とすなら生漢煎『防風通聖散』

女性にとっての悩みの種と言えば肥満と便秘。体質的なことから脂肪が付きやすく、便秘にもなりやすいとされています。ここで肥満と便秘に効くと人気の生漢煎「防風通聖散」を紹介します。

プロテイン以上の効果が!?粉末じゃなくて飲みやすい『ビルドマッスルHMBサプリ』とは?

筋力アップにはプロテインが一般的ですが、さらに効果が高いと口コミで人気沸騰中の『ビルドマッスルHMBサプリ』。その理由と効果について紹介しています。

もしかして食べ過ぎかも?過食症の症状と原因とは?

ただの食べ過ぎと過食症では、その症状や原因が根本的に違ってきます。食欲がなかなかおさまらない…という人は、ぜひ一度参考にしてみて下さい。

玄米ダイエットは栄養的にも効果的!でも、味が苦手?

玄米はダイエットにとても効果的な食品です。注目すべきはその栄養と食物繊維。玄米の種類や白米との違いについて、そして炊き方なども併せて紹介しています。

痩せる食事の仕方とダイエット食材とは?

食事の仕方を少し工夫するだけでもダイエットに効果的です。痩せる食事の仕方とダイエット食材について紹介しています。

ゼロカロリー食品はおすすめ?食べても太らないおやつ6選

ダイエット中は食事制限をするため、どうしても空腹感からストレスを溜めてしまい、結局失敗…なんてことも。ここで食べても太らないおやつ・お菓子を厳選して紹介!

グラノーラがダイエットに効果的な理由と正しい食べ方とは?

ダイエットに効果的だと言われて人気のあるグラノーラ。具体的にどんなダイエット効果があるのか?グラノーラの正しい食べ方も紹介します。

ダイエットは血糖値を意識することが大事!血糖値を下げる食事とは?

健康を維持するためには血糖値がキーワードになりますが、それはダイエットにおいても同じことが言えます。ここではダイエットとの関係や血糖値を下げる食事について紹介します。