*

注意するべきリスクもあるけれど…すぐに痩せる方法なら『ファスティングダイエット』が早くて簡単!

   

注意するべきリスクもあるけれど…すぐに痩せる方法ならファスティングダイエットが早くて簡単!

毎年毎年、新しいダイエットの方法が考案され、そのつどブームになりそして消えていきます。

ここでは、ファスティングダイエットについてご紹介していきます。

ファスティングダイエットは、数あるダイエット方法の中でも最も早く効率良く痩せることができ、何よりも体質を改善し、普段の生活習慣を見直すきっかけにもなります。

ただし、健康面でリスクが伴うということも忘れてはいけません。ここで、ファスティングダイエットの正しい方法を説明します。

簡単に早く痩せたい!という人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

PR:ファスティングダイエットに最適!
市井紗耶香さんも愛用中!「優光泉」酵素ドリンク

ファスティングダイエットとは

ファスティングダイエットとは、簡単に言ってしまうと断食によってダイエットを行うものです。

日本でも古来より宗教的において修行として行われてきた断食ですが、今ではその断食をダイエットに利用するというものです。

読んで字のごとく、食を断つ。一定期間食事を摂らないことにより、体内に入ってくる栄養そのものをせき止めることで、強制的に脂肪がつくのを防止していきます。

また、その間は体内に蓄積されたエネルギーを使うしかないため、貯蔵されたグリコーゲンや脂肪を大幅に消費することで短期間で体重をどんどん落とすことができます。

人間は食事からカロリーを摂取し、それをエネルギーとして生命維持をしていますが、そのエネルギーの元となる食事を摂取しないわけですから、どんなダイエットよりも最も早く痩せることができるというわけです。

また、最初こそ「辛い、大変」という気持ちも表れますが、短期間集中なので気合いで我慢できるというメリットもあります。

ファスティングダイエットの健康リスク

ファスティングダイエットの健康リスク

一見すぐに痩せることができそうに感じますが、この方法は大変身体に負荷がかかるとともに、生命や疾病のリスクがあることは書いておかねばなりません。

人間は、特に現代人は毎日3食の栄養を摂取し、それを元に生命活動を維持しています。

しかし、この根本である栄養が供給されないということは、場合によっては栄養不足による不調にとどまらず、大変なダメージを追うことは少なからず想像がつくのではないでしょうか。

もっとも懸念すべきことは、栄養失調です。

ダイエットブームもさることながら、現代人は身体がかなりスリムになりつつあります。特に日本人は他の諸国にもまして痩せ型の傾向があり、世界的に見ればダイエットをする必要がないとまで言われるほどです。

肥満度を測る値にBMIという数値がありますが、明らかに痩せ気味であるにもかかわらず栄養を絶つファスティングダイエットを強行した場合、自分の新陳代謝や消化、心臓や脳を動かす自律神経など生命の根本となるエネルギーが失われてしまう可能性があります。

食事制限による間違ったダイエットしてない?リバウンドどころか命の危険に繋がるかもよ?

また、無理なダイエットは、女性の場合には生理不順や子どもができにくい身体となってしまうことがあります。自分自身が適正なスケールの上でどれだけ痩せているのか、しっかりと把握した上でダイエットを実施していきましょう。

ファスティングダイエットの正しい方法

ファスティングダイエットは生命の根幹である栄養を絶つダイエットです。そのため、単純に身体には自分自身が思っているより多大な負荷がかかります。

これを避けるために、ファスティングダイエットでは準備期間を設け、その後本格的にファスティングを実施していきます。

ファスティングが終了したら、今度はゆっくりと復食を実施し、ゆっくりともとの食事習慣へと戻していくのです。

準備期間は1~3日ほどがもっとも適切とされています。この間、徐々に食べる量を減らしていくようにしていきます。

和食やおかゆなど体に負担のない食べ物を選択しつつ、安全に食事の量を減らしてください。本番であるファスティング中は、栄養ドリンクと水といった簡単な飲み物のみですごしていきます。

PR:ファスティングダイエットに最適!
市井紗耶香さんも愛用中!「優光泉」酵素ドリンク

ここで大切なのは、必ず一日あたり2L前後の水分を摂取することです。人間に1日に必要な水分量は2,000~2,500mlといわれています。

食事で一切水分を取らないとなると、すべての水分を飲料でまかなう必要があるため、体感の飲水量は通常より多いものとなります。これは生命線であり、これを割ると脱水となって意識が消失したり、不整脈や心停止といった危険性もありますから、絶対に守っていきましょう。

復食期間では、準備期間と同じようにゆっくりともとの食事へ戻す必要があります。特にファスティング後はじめの食事では、消化器官が通常の食物の消化をする態勢が整っておらず、さまざまな症状が出やすいのが特徴です。

なるべく消化がよく、味が薄いおもゆやおかゆといったものから徐々にはじめていかないと、食事が食べられないまま救急車で運ばれることになってしまうこともあるため、注意してください。

ファスティングダイエットの効果

ファスティングダイエットの効果

一見栄養摂取を断絶させるだけのイメージなファスティングダイエットですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

ファスティングダイエットでもっとも言われる効能は、デトックス効果です。

私たちの体は絶えず栄養を摂取しており、食べたものが次々と消化管へと送られていきます。このため、大部分はきれいに体外へ排出されてしまいますが、中には宿便といって腸内に残存してしまうものがあります。

しかし、ファスティング中は他に出るものがありませんから、これらの宿便も排出することが可能になり、大変健康に良いとされています。体を一度リセットするイメージでしょうか。

また、普段偏った栄養状態であったとしても、体内に入るものを一度ゼロとするために身体本来が持っているホメオスタシスにより、栄養の基礎的なバランスが整うこともあり、身体を健康へと導くのです。

また、消化管を一時的に休めることができるのも特徴です。消化管は絶えず使用されており、表面の粘膜に絶えず負荷がかかっている状態と考えることができます。

ポリープやがん、潰瘍といった病変は、粘膜が損傷する際に一定の割合で形成されることが多く、損傷の確率が高いということは、必然的にこうした消化器系の疾患を併発するリスクが高いということにあります。

断食によって消化管の働きを休めてあげることで、その間に各消化器官は自身の修復をすることができますので、消化管をより万全な状態に整え、健康になることができるというわけです。

そして、ファスティングダイエットの効果としては、なによりも脂肪の燃焼が促進されるところにあります。

私たちの身体に入る主な栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂質と3種類ありますが、いずれも体の栄養素となる反面、いずれの反応も同時に進行します。

脳にとって直接的な栄養となる糖分=炭水化物は積極的に分解されますが、この糖の代謝に伴い脂質およびたんぱく質の分解も働きます。

しかし、ファスティングによって摂取する大元のエネルギーが少ない状態では、エネルギーが枯渇しがちであり、身体は積極的にたんぱく質である筋肉や、脂質である脂肪を燃焼していくため、ファスティング時には脂肪の燃焼が促進されやすいといえるでしょう。

ただ、ひとつ気をつけなければいけないのは、ファスティングは脂肪と同時にたんぱく質も奪ってしまうことです。すなわち、身体の筋肉、これは目に見えるものだけでなく、内臓を元気に動かすための筋肉も減少させてしまいます。

その点では、ファスティング中にも軽いウォーキングや筋トレなどを行い、プロテインの摂取をするのもおすすめです。

なぜプロテインがダイエットに効果的なの?痩せやすい体づくりにはタンパク質が必要だった!

最も効果的に筋力アップする!プロテインを飲むタイミングはいつがベスト?

ファスティングダイエットを中断するタイミング

どんなに効果のあるファスティングダイエットでも、資本である身体の調子が崩れてしまってはどうにもなりません。ただでさえ栄養を絶っている状態なので、その影響は生命に直結するからです。

一つ目は、脳貧血症状のような視界が暗くなったり、意識もうろうとしたり、といった症状が出た場合には、直ちに中止をする必要があります。

こうした場合、明らかにファスティングによる栄養不足から低血糖症状が発生している状態が考えられます。もっとも迅速に栄養を摂取できるのは糖分です。必ずアメを常備し、まずいとおもったらなめて栄養を補給することで一時しのぎができるでしょう。

二つ目は、嘔吐や倦怠感などといったものです。消化管に刺激が少ない状態が常態化してしまうと、まれに食事を戻すとき拒否反応が出てしまうことがあります。

ゆっくり戻すことができればよいのですが、戻らない場合、拒食症と同じ状態になりますから大変危険です。どうしても食べられない場合にはすぐに病院へ行き、事情を話して点滴で栄養摂取をうけましょう。

無理なダイエットが摂食障害の原因に?症状を一度チェックしよう!

三つ目は、動機がしたり、倦怠感が激しい、手足などの末梢が極度に冷たい場合です。

もちろん栄養が足りていないために起こるのですが、極度の栄養不足は心臓の正常な働きを妨げます。心臓の規則正しく発生する電位を乱し、不整脈や虚血をひきおこしますから、大変危険です。

直ちに安静をとり、アメなど糖分で栄養摂取を行いましょう。改善すればよいですが、もし改善されない場合はすぐに病院で検査が必要です。

まとめ

簡単にすぐに痩せれて魅力的なファスティングダイエットですが、健康面のリスクもしっかりとわかった上で適切に取り組んでいくようにしましょう。

そうすれば、とても効率よく、安全にダイエットを継続できることと思います。

ファスティングダイエットは栄養摂取の面において不安がありますが、それをサポートする酵素ドリンクも併せて活用すると健康的にダイエットが可能です。

ファスティングダイエットに最適!
栄養満点酵素ドリンク

 

  関連記事

グラノーラがダイエットに効果的な理由と正しい食べ方とは?

ダイエットに効果的だと言われて人気のあるグラノーラ。具体的にどんなダイエット効果があるのか?グラノーラの正しい食べ方も紹介します。

夏までに痩せたい!短期間で痩せるおすすめのダイエット方法とは?

夏になれば水着を着たり薄着になったりする機会も増えますよね。なんとしてでも夏までに痩せたい!という人のために、短期間で痩せることができるおすすめのダイエット方法を紹介します。

食べ過ぎ防止!カロリーダイエットの『カロリナ』とは?

ダイエット中なのについ食べ過ぎちゃう…そんな時はカロリナでカロリーダイエットを!食べ過ぎた分の脂肪を吸着し、排出します。

カロリー計算できてる?ダイエット中の正しい食事制限

ダイエットは消費カロリーと摂取カロリーをしっかりと計算することがポイント。カロリー計算の方法と正しい食事制限を紹介。

引き締まった体に!体脂肪を集中的に減らす方法

食べ過ぎて太ってしまうととても厄介なのが体脂肪です。ここでは体脂肪を集中的に減らして引き締まった体になるための最短な方法を紹介します。

腸内フローラとは?腸内環境を改善すると便秘も解消?

最近メディアで取り上げられている腸内フローラ。腸内フローラって一体なに?健康維持はもちろん、ダイエット中の便秘対策としても効果的なので参考にしてみて下さい。

カロリミットの効果を超えた?食べちゃっても『なかったコトに』

痩せたいけど、つい食べてしまうことは良くありますよね。絶食や断食よりも簡単に痩せる方法がカロリーカット。そのしくみとは?

断食ダイエットはどんな効果がある?

断食ダイエットは、体内のデトックスをしながら痩せる体質改善法。その効果と正しい方法を説明します。

水中毒とは?水の飲み過ぎによる体への悪影響

水の飲み過ぎによって体に悪影響が出る「水中毒」のことは知っていましたか?具体的な症状などについて紹介しています。

体脂肪率は当てにならない!?まずは『体重3キロ痩せる』ためのダイエットプランの立て方

実は体脂肪計はあまり当てにならないとも言われています。ここでは体脂肪率を目安にするよりも、まずは体重3キロ痩せるためのダイエットプランの立て方を紹介します。