*

最初は何から食べる?食べ順ダイエットの正しいやり方とその効果は?

      2016/08/29

最初は何から食べる?食べ順ダイエットの正しいやり方とその効果は?

最近噂の「食べ順ダイエット」。

いつもの食事の食べる順番を変えるだけで、自然と痩せやすくなるというものですが、本当に効果はあるのでしょうか?

どんな順で食べるのが良いのか、何故食事量やカロリーを大きく削らなくても痩せられるのか、効率の良い食べ方と痩せる理由をまとめてみました!

まず前提として良く言われている食べ順はこちら。

  1. 野菜、果物(水分、食物繊維、ビタミン)
  2. 肉類、豆類など(タンパク質、脂質)
  3. 米、パン、麺類、パスタなど(炭水化物)

これはつまり、食事で炭水化物などの糖質が多いものを最後にすることで、『血糖値の上昇を緩やかにして脂肪の蓄積を抑える』『少量の食事でも満腹感を得られやすくする』という二つの効果があるということです。

では、ひとつずつ詳しく紹介していきます。

-PR-

まず食べるのは水分の多いものから

「食事の前に水を一杯飲むと、お腹が膨れるので食べ過ぎを防止できる。」

そんな話を聞いたことはありませんか?

水ダイエットとは?正しいやり方とその効果について

ダイエットの停滞期には水を飲むだけで追い込みを!

確かに夏の暑い日など水分をたくさん取ると、お腹がいっぱいになったような気がしますよね。

食事を取る時にも同じで、まずはお味噌汁やスープなど汁物から食べ始めるようにすると、いったん空腹状態から落ち着きますので、その後の食べ過ぎ防止に役立ちます。

特に食物繊維の多い野菜中心の具材を入れておいて、ゆっくり時間をかけて食べるようにすれば、咀嚼回数が増えることでさらに満足感がアップするでしょう。

寒い時期には生姜を入れると体温が上昇しやすく、代謝もよくなるので脂肪燃焼効果に期待大です。

栄養補給のために野菜ジュースを飲むのもいいですが、その際は糖分や塩分が極力入っていないもの、少ないものを選ぶようにしてください。

主食の前に野菜を食べるのは正解?

主食の前に野菜を食べるのは正解?

食べ順ダイエットにおいて、肉やお米より先にサラダを食べるよう促すことが多いようですが、それはなぜなのでしょうか。

トマトやキュウリなどの夏野菜や、レタスのような葉物野菜には水分が多く含まれています。

脂質や糖質の多い食材より先に野菜や果物を食べることで、その水分がお腹に溜まり、満腹感を得ることができるのです。

同時に、血糖値の上昇が緩やかになるという効果もあります。

汁物を先に食べる理由と似たような感じです。

野菜は食物繊維も豊富ですから、適度に摂取しておけばダイエット中に陥りやすい便秘などの症状を防ぐのにもいいですよ。

便秘が酷くなると基礎代謝が落ちてしまうので、痩せにくい体になってしまうこともあります。

オリゴ糖でダイエット中の便秘も治る?『カイテキオリゴ』の口コミ

毎日スッキリするためにも、野菜は欠かさず用意するようにしておきたいですね。

冷え性の人は温野菜などオススメです。

キノコ類や海藻類はタンパク質の前に食べる!

キノコ類や海藻類はタンパク質の前に食べる!

キノコ類や海藻類は野菜以上に食物繊維が豊富です。

ワカメや昆布などの海藻類は、コンニャクなどの噛みごたえがあってローカロリーな食材と一緒に食べれば、それだけでかなりお腹を満たすことができます。

咀嚼を増やすことで、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐことができます。

キノコは蒸したり煮たりすれば全体のカサが減り食べやすくなりますし、お腹にもたまりやすい食材です。

鶏肉と一緒に煮ものにして、先にキノコを、そして次に鶏肉を、という風に食べれば、別々に調理をしなくてもいいので準備も楽ですね。

ただ海藻類をサラダにして食べるにしても、キノコを色々と調理して食べるにしても、ドレッシングや調味料に油を多く使ってしまうのは、総合的にみてカロリーが増えてしまうので意味がありません。

できるだけノンオイルのもの、バターやマーガリンを使わないような、あっさりとした味付けで食べるようにしましょう。

血糖値の上がり方に注意しよう

血糖値の上がり方に注意しよう

体に脂肪を溜めないためには、食事によって上がる「血糖値」をある程度コントロールすることが重要になります。

血糖値と言うのは食事によって体内に入った糖分がブドウ糖となり、血中にどれくらい入り込んだかを示すものです。

糖尿病予防などでもよく聞きますよね。

血糖値が上がると、体はそれを抑えるためにインスリンというホルモンを分泌します。

このインスリンは糖を上手く体の細胞に取り込ませて、エネルギーに変換してくれる大切なものなのですが、その反面脂肪を蓄える働きもしてしまうものです。

だからこそ、食べ順ダイエットでは野菜や汁物から食べ始める必要があります。

糖質が少ないものから順番に食べることで血糖値の上昇が緩やかになり、体は無駄に多くのインスリンを出さなくても良くなるからです。

ダイエットを意識するのであれば、同じ量を食べるにしても血糖値の上がり方というのを意識して食べましょう。

まとめ

毎食カロリー計算をして食事をするのも、1食置き換えでダイエットをするのも、体重が減りにくくなる停滞期には特に辛いものです。

お腹が空いた状態が続けば本能的にストレスが溜まるし、食事制限によるダイエットを続けるのが難しい理由はここにあります。

その点、いつも通りの食事ができる食べ順ダイエットなら、自宅での食事でも外食でも実践することが可能です。

苦しいダイエットがなかなか続かないという人は、食べ順ダイエットを試してみてはいかがでしょうか?

ただし、1つだけ注意してほしい点があります。

ダイエットの効果は人それぞれで、その効果の感じ方には個人差があります。

ですので、必ずしも思うような効果が出るとは限りません。

無理なダイエットで身体を壊してしまう人も少なくはありませんし、自分の体形を気にしすぎている人もいます。

食べ順ダイエットは食事の習慣を自然と身につけていくことで、痩せやすい身体つくりをしていくものです。

ですので、毎日コツコツと続けて行くことが結果に繋がりますので、頑張っていきましょう。

あわせてこちらも参考にしてみて下さい。

管理栄養士が作った「スルスルこうそ」

痩せる食事の仕方とダイエット食材とは?

一週間で痩せる方法なら炭水化物抜きダイエットが効果的!

減らす?増やす?正しいタンパク質ダイエットとは?

 

  関連記事

痩せる食事の仕方とダイエット食材とは?

食事の仕方を少し工夫するだけでもダイエットに効果的です。痩せる食事の仕方とダイエット食材について紹介しています。

お茶でダイエット!その種類と効能とは?

お茶はダイエットに非常に効果的であると言われています。どんな種類があってどんな効能があるのかを紹介しています。

玄米ダイエットは栄養的にも効果的!でも、味が苦手?

玄米はダイエットにとても効果的な食品です。注目すべきはその栄養と食物繊維。玄米の種類や白米との違いについて、そして炊き方なども併せて紹介しています。

食事、運動、サプリメント…色々あるけど結局どのダイエット方法が効果的なの?

巷には様々なダイエット方法が溢れています。食事や運動、はたまたサプリメントなど…結局どのダイエット方法が効果的なのか?それぞれの危険性も併せて、どれが自分に最適なのかをおさらいしてみて下さい。

もう我慢の限界!夜寝る前に食べても太らない食べ物7選

ダイエットをしていると夜寝る前にお腹が空いてしまうことがありますよね。「もう我慢の限界!」になってしまった時に食べても太らない食べ物・食品を紹介します。

ゼロカロリー食品はおすすめ?食べても太らないおやつ6選

ダイエット中は食事制限をするため、どうしても空腹感からストレスを溜めてしまい、結局失敗…なんてことも。ここで食べても太らないおやつ・お菓子を厳選して紹介!

「ダイエットしてるのに何故か痩せない…」その原因、野菜不足かも!?

しっかりとダイエットや運動をしているはずなのに、何故かなかなか痩せない…ということは実はよくあります。実はその原因、野菜不足にあるのです。

チアシードを食べてもダイエット効果なし?

いま話題のダイエット食材「チアシード」。意識して食べてるのにダイエット効果がないという口コミもありますが、その真相とは?

豆乳ダイエットの正しいやり方と効果

流行りの豆乳ダイエットのやり方と効果について説明しています。これから始めようと思う人はぜひ参考にしてみて下さい。

ココナッツオイルを効果的にダイエットに取り入れる方法

流行りのココナッツオイル。様々な使い道やメリットがあるということで人気ですが、ダイエットに効果的に活用する方法を紹介します。