*

食事、運動、サプリメント…色々あるけど結局どのダイエット方法が効果的なの?

   

食事、運動、サプリメント…色々あるけど結局どのダイエット方法が効果的なの?

多くの人が日夜励むダイエットには、さまざまな方法が出回っています。

食事から始まり、生活スタイル、薬、運動、その形式もさまざまであるといえるでしょう。

ここでは、そんな巷であふれるダイエットについてご紹介していきます。

どのダイエット方法がより効果的なのかどういうしくみで痩せることが出来るのか自分に最適な方法は何かを、それぞれのメリットデメリットと照らし合わせながらおさらいしてみて下さい。

食事ダイエット

食べ物のダイエットで人気を博しているのは、肉や脂肪を押さえて野菜を多く取るというもの。また最近では、ライザップをはじめとする糖質制限ダイエットといえるでしょう。

炭水化物ダイエットと称した主食を抜くダイエットも多く散見されています。

炭水化物ダイエットの正しい方法とは?

こうしたダイエットは、一定の方に一定の効果をもたらすことは確実です。

ダイエットは日本では主に太っている人が痩せることを指すことが多いですが、肥満の原因は内分泌系や内服薬の副作用などによるホルモンバランスの崩れを除けば、カロリーの過剰摂取であることがきわめて多いためです。

もっとも、活力となる炭水化物やたんぱく質、そして脂肪といった栄養素を意識的に抜くことで、摂取カロリーが制限されるのは当然ですし、うまくいけば非常に劇的な効果をもたらすといえます。

しかし、この方法には非常に危険が伴うことも知っていなくてはなりません。

ひとつには、栄養が極度に偏ってしまう可能性があります。厚生労働省が推進する食品の摂取基準では、さまざまな列挙された食品群をバランスよく食べることが推奨されています。

これは、科学的・医学的に見て、人間が健康に生命活動を行うことができるよう、さまざまな栄養素を計算して作られたものということができるでしょう。

もちろん、主な栄養素を抜くことでカロリー自体は減らすことができます。しかし、一部の栄養素が足りていない場合、その栄養素に付随する代謝が正常に機能しないことを意味しています。

食事制限による間違ったダイエットしてない?リバウンドどころか命の危険に繋がるかもよ?

とてもスリムな身体を手に入れられたとしても、非常に免疫機能的に低下してしまい、さまざまな病原菌やウィルスへの感染リスクが高まったとしたら、それは目も当てられません。

特定のビタミンなどには欠乏症の症状もあげられており、場合によっては日常生活を営むのに弊害になるばかりか、生命の危険すらあることを自覚しなければいけません。

また、日本人は世界で最も痩せた民族のひとつであり、基準値を大幅に下回っている状態であることを自覚するべきでしょう。

この弊害は、妊娠中の妊婦が太れず、正常な子どもを妊娠、出産できないという事態にまで発展しています。

大切なことは、過度なカロリーを摂取しないことに加え、推奨されている食品をバランスよく摂取して生命活動のバランスを失しないことです。

これができていないダイエットプログラムは、必ずリバウンドや極度の疲労、体調の変化を伴い、自らの身体に逆にダメージを与えてしまうと考えられます。

「ダイエットしてるのに何故か痩せない…」その原因、野菜不足かも!?

運動ダイエット

運動をまったくしない人がどれだけダイエットをがんばったとしても、一度ついた脂肪は分解していきません。それは一日のカロリー消費量が極端に少ないからです。

どれだけ食事でカロリー制限をしても、それは余剰分をとらないというだけで、現状維持ですからついた脂肪が燃焼されることはありません。

そして、身体の代謝機能を促進するためにも、運動は定期的に習慣づけるべきであることは明白なことです。ダイエットを行うにあたって、運動の習慣を作ることもとても大切なことなのです。

最近では、いわゆる激しい運動でないボクササイズやヨガなどゆっくりとした動きの運動ダイエットもあふれていますが、これだけでは不十分であるといわざるをえません。

ヨガの効果って実際どうなの?ダイエットと健康にも良い理由を把握しておこう!

正確に言うならば、こうしたいわゆるライトな運動では、普段まったく運動をしない人に対しては一定期間一定の効果があるといえるでしょう。

なぜなら、まったく運動をしていない方にとって、こうしたライトなダイエットであっても、列記とした運動として機能するためです。しかし、それも長くは続きません。

軽い運動が習慣化してくると、軽い運動刺激だけでは脂肪が燃焼しにくいためです。きっちりと脂肪を燃焼させるためには、激しい有酸素運動が必要です。

近年この有酸素運動と、筋肉トレーニングをはじめとする無酸素運動を組み合わせることでもっとも効果的なダイエット効果があることがわかっています。

最も効果的に筋力アップする!プロテインを飲むタイミングはいつがベスト?

無酸素運動を行うと、終了後30分ごろから成長ホルモンが分泌され、このタイミングで有酸素運動を行うと最大の脂肪燃焼効果が生まれるということがわかっています。

つまり、脂肪を効果的に燃焼するためには一定の時間の無酸素運動の後、有酸素運動を習慣付けることが必要です。

まったく運動しない方はライトな運動から入ることで運動を習慣づけるのがよいですが、いずれはこうした激しい運動へとシフトしていかないと効果が見込めないことをよく知っておきましょう。

有酸素運動として正しいウォーキングダイエットの方法

サプリメント

多くのサプリメントが通信販売や健康食品ショップで販売されるようになっています。中には特定の効果をうたったもので、飲むだけで痩せるという触れ込みを見出しとしているものがかなり多く存在します。

しかし、是非知っていただきたいのは、基本的にサプリメントにダイエット効果は存在しないということです。

サプリメントというのはあくまで、食生活や運動習慣が確立している方が、補助としての栄養摂取として利用することで栄養バランスを整える目的で生産されています。

これらは、カロリーを増やすことはあっても、カロリーを減らすことはありません。

なかには、ヘルシアやカロリミットなど、摂取したカロリーの吸収を抑制するタイプもありますが、これは食べ過ぎた時などに一定の効果が期待できます。

脱・大人ぽっちゃり!『大人のカロリミット』

また、自分にとって具体的にどの栄養素が欠落しているのかを見極めるには、日ごろの食習慣における栄養素の計算が必要となり、単純に闇雲にえらんで飲めば効果があるというものでもありません。

カロリー計算できてる?ダイエット中の正しい食事制限

そればかりか、過剰摂取によってさまざまな弊害のある栄養素も多いため、一概に服用を勧めることはきわめて難しいことです。足りない栄養素は、自らの口から食品として摂取するのがもっとも自然であり、身体に害のない方法です。

もちろん、中には具体的に食欲を抑えて摂取カロリーを減らす作用をもつ薬も存在しないわけではありません。しかし、現行販売されている中で、こうした効果を持ったものはたった1種類、マジントールという薬剤のみです。

これは、高度な肥満症や過食症の治療薬として医療機関でのみ取り扱いが許されているもので、通常の肥満では使用することはできず、手に入れるには処方箋が必要です。

数年前に、この薬が無許可で出回り、いっせいに回収摘発された事件は有名です。

やはりもっとも効果的なのは、まず自分の栄養バランスをしっかりと計算して算出し、どの栄養素がどのくらい足りていないかを把握することが大切です。

その上で、食事もきちんと行い、足りない部分をサプリメントで補うという使い方をしないと、サプリメントは正しい効果を発揮しません。

サプリメントとは少し違いますが、痩せるために必要な栄養素としてタンパク質を摂取するのが効果的です。

なぜプロテインがダイエットに効果的なの?痩せやすい体づくりにはタンパク質が必要だった!

生活改善ダイエット

生活改善ダイエット

ダイエットのために生活習慣を変えるというのは大切な行為です。このため、多くの方がさまざまな方法に取り組みます。

しかし、中には睡眠時間を削ったり身体に高負荷がかかり、きちんと休ませないプログラムが多く見受けられます。

大切なことは、生活習慣を改善する前に、人間の体がもっとも効果的にはたらく生活習慣の基礎を学習しなければいけないということです。

睡眠時間は5~7時間がもっとも死亡率が低く、それ以上でもそれ以下でも死亡率は高まります。

一日の飲酒量も純アルコールに対して20gと決められています。

食事は抜くなら朝食ではなく、夜食がもっとも負荷が少ないでしょう。こうした基礎的な知識をしっかりと身に付けた上で、徐々に無理なく生活を改善していくことが大切です。

急激な変化に体がついていかないと、それはダイエットではなく、単に「疲労による憔悴」となっている可能性が高く、いつかは破綻をきたします。結果的にただやつれただけ…なんてことに。

また、極端な生活はがんや生活習慣病といったさまざまな慢性疾患を発症させやすくするため、基本を知った上で自分の体と相談しつつ進めていくことが大切です。

「疲れが溜まっているな…」と感じたら、自律神経が乱れているかも?

まとめ

一口に良いダイエット法というのは存在しないことがお分かりいただけたでしょうか。

大切なことは、無理なく、基本を心がけ、かつ自分に最適な方法を継続して行っていくことです。

短期間で一気に痩せることはかなり危険ですから、必ず長期的なプログラムを組んで少しずつ行っていきましょう。

痩せる食事の仕方とダイエット食材とは?

 

  関連記事

年齢と共に太りやすくなったら!ファンケル『大人のカロリミット』の効果とは?

「昔はダイエットをすればすぐ痩せれたのに、年齢とともに太りやすくなった…」と感じている人にはファンケルの大人のカロリミットがおすすめ!

オリーブオイルはダイエットに最適?カロリーはどうなの?

オリーブオイルはダイエットに最適な食材です。カロリーも少なく、他にも理由がたくさんあるので紹介します。

ヨガの効果って実際どうなの?ダイエットと健康にも良い理由を把握しておこう!

ヨガの効果は運動やダイエットにおいて果たしてどれぐらいあるものなのか?ここでヨガの知識や具体的な効果について詳しく説明しますので参考にしてみて下さい。

リバウンドを制する者はダイエットを制す!食欲を抑えて一カ月間で5キロ痩せるダイエットプラン

ダイエットはいかにリバウンドを抑えるかによって、成功か失敗の分かれ道となります。ここでは、リバウンドを抑えて一カ月で5キロ痩せるダイエットプランを紹介しています。

夜トマトダイエットで健康的にダイエットできる!

トマトの栄養素は健康的なダイエットに効果的です。以前よりもさらにパワーアップしたトマトダイエットを紹介しています。

ほんとに痩せる?コーヒーダイエットの効果と正しい方法

意外と知られていない効果的なダイエット方法として、コーヒーダイエットがあります。その効果と正しい方法を紹介しています。

糖質制限ダイエットなら食べながら痩せることができるよ!

食欲さえ我慢できれば、すぐ痩せれるけど…なかなかそうもいきませんよね。そんな時は発想を変えて、食べて痩せることができる糖質制限ダイエットにチャレンジ!

実はダイエット効果があまりないってホント?ヨガの種類と有酸素運動と無酸素運動の関係

ヨガはダイエット効果があまりないと言われることもありますが、果たしてダイエットに向いているのかどうか?ヨガの種類と有酸素運動と無酸素運動の関係について紹介します。

JAWBONEの活動量計「UP2」で健康管理を見える化!

JAWBONEの「活動量計」知っていますか?運動・食事・睡眠などの健康管理が簡単にできるデバイスとして人気です。ここで、その機能や使うことによるメリットを紹介。

ポリフェノールが効く?トクホの烏龍茶にダイエット効果ってあるの?

食事と一緒に摂るとダイエット効果があると言われている『トクホの黒烏龍茶』。コンビニで手軽に買えますが、実際の効果はどうなのかについて説明します。