*

筋肉ムキムキになるのは誤解!?健康的に痩せるために必要なプロテインの種類と飲み方

   

筋肉ムキムキになるのは誤解!?健康的に痩せるために必要なプロテインの種類と飲み方

皆さん、プロテイン飲んでますか?!

健康や体作りに興味のある人や、美容やダイエットに関心のある人であれば既に生活の中にプロテインを取り入れているのではないでしょうか。

しかし、プロテインについてはまだまだ誤解していたり勘違いしている人がとても多いようです。

今回はプロテインとはそもそも何なのか?正しい知識と飲み方や利用法についてもご紹介していきたいと思います。

カラダが歓喜するHMBサプリ、遂に日本上陸!
効率的な筋トレでモテモテBODYをゲットしよう!!
★今だけ! 30日分が実質「無料」で★

プロテインって何なの?

筋肉ムキムキ

プロテインに対するよくある勘違いが「筋肉をムキムキにするものなんじゃないの?」というものです。

これは答えから先に言ってしまうと、半分正解ですが、半分は間違いですね。正しくは、「利用の仕方による」というのが正解です。

プロテインとは日本語に訳すと「タンパク質」です。肉や大豆に含まれているあのタンパク質と全く同じ物。

つまりプロテインの粉とはタンパク質の粉のことなのですが、一昔前はプロテインはボディビルダーやアスリートぐらいにしか利用されていなかったため、プロテイン=筋力をムキムキにするものというイメージがあったかと思います。

また、同時に「アナボリック・ステロイド」とプロテインがごっちゃになってしまっている人もいるようです。

アナボリック・ステロイドとは「タンパク質同化ホルモン剤」のことで、これは人間の体に重大なダメージを与える違法薬物、筋力増強剤なのです。

プロテインに話を戻すと、特に女性は「プロテインを飲むと体がゴツくなりすぎるんじゃないの?」という不安を抱く人もいます。

しかし、安心してください。プロテインを飲んだからといって筋肉ムキムキ、ガッチリ体型になるわけではありません。

それは筋力トレーニングの仕方の問題。

むしろ女性であればダイエットに効果的、健康的で綺麗なお肌やスリムに引き締まった体作りに欠かせない栄養素なのです。

では、プロテインを飲むと具体的にどのような効果があるのでしょうか。

また、種類や飲み方、注意点などはあるのでしょうか。

一つ一つ解説していきましょう。

プロテインはダイエットや美容にも必要な栄養素

プロテインはダイエットや美容にも必要な栄養素

ボディメイクを頑張っていたり、激しいスポーツ・トレーニングをしている人などは体重の2倍のグラム数のタンパク質を摂取しなければならないとされています。

このタンパク質量を普通の食事(肉や魚、乳製品、豆類)だけで満たそうとすると相当な量を食べなければならなくなります。

お金も掛かりますし、調理する時間も必要ですね。

そして何よりタンパク質以外の余計な栄養素(脂質等)も同時に摂取してしまうことになるためコンディションを整えにくくなってしまいます。

そこで利用したいのがプロテインというわけです。

プロテインはほぼ純粋なタンパク質のみで作られています。脂質や炭水化物がほとんど入っていないため、補給すべきタンパク質だけを狙い撃ちでしっかりと摂取できるわけです。

また、プロテインは健康的に痩せたい人や美容に関心のある女性からも人気です。

人間の体は水分を除くと残りのほとんどはタンパク質で作られています。お肌も髪の毛も爪も全てタンパク質で出来ているのです。

体の中ではタンパク質(アミノ酸)を生命活動に直接関係のある部位に対して優先的に振り分けます。

まず心臓などの内臓器官にタンパク質が渡され、余った分が筋肉や関節へ行き、更にそれでも余ったタンパク質があれば髪やお肌へと使われるのです。

タンパク質が不足した生活をしていると髪や肌がどんどん荒れてしまうというわけですね。

ダイエットに勤しむあまり、肉や魚といった高タンパクな食材を避けていると、体重は減ったけど肌はボロボロ・・・なんて事になってしまうわけです。

つまり、健康的に痩せるためにはプロテインが必要不可欠なのです。

なぜプロテインがダイエットに効果的なの?痩せやすい体づくりにはタンパク質が必要だった!

こんなにある!プロテインの種類

タンパク質の必要性は理解して頂けたことと思います。

では次にプロテインの種類についてご紹介していきましょう。

ホエイプロテイン

まず、一番ポピュラーなプロテインは「ホエイプロテイン」という種類です。ホエイプロテインは牛乳から抽出されたプロテインです。最も消化・吸収のスピードが早く即効性があるタイプになります。

筋力トレーニング後や寝起きなど、すぐに体にタンパク質を取り込みたい時に使われるプロテインというわけです。

カゼインプロテイン

二つ目は「カゼインプロテイン」です。

カゼインもホエイと同じく原材料は牛乳なのですが、その特性は全くの正反対で、消化・吸収に6時間以上も掛かります。

このホエイとカゼインには商品によっては乳糖が多く含まれます。牛乳を飲むとお腹を壊す人はこの乳糖が原因ですから、そのようなタイプの人は乳糖があまり含まれていないプロテイン(WPI製法)の商品を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

ソイプロテイン

三つ目は「ソイプロテイン」ですソイとは大豆のことですね。

ご想像の通りソイプロテインは大豆由来のプロテインです。植物性のタンパク質を補給したい人には最適のプロテインで、筋肉を増やそうとする人よりも肌に潤いや張りを与えたいという人に人気がありますね。

他にもエッグプロテインやビーフプロテイン、複数を混ぜた混合プロテインなどがあります。

どのプロテインをどのようなタイミングでどのくらいの量を飲めば良いのか?それらについても解説していきましょう。

プロテインの飲み方は?

プロテインの飲み方は?

まず運動後や朝食代わりに飲む場合はホエイプロテインがベストです。

このようなタイミングでは体へいかに早くタンパク質を吸収させるかが重要です。ホエイプロテインは飲んでから30分~1時間程度で吸収されると言われています。

ホエイプロテインは最も値段が安いですし、フレーバーにも種類がありますから、初心者の方はまずはホエイから試してみるのが良いでしょう。

次に、寝る前や飲んでからしばらく何も栄養が補給できないという場合はカゼインプロテインが有用です。

消化・吸収に時間が掛かることを逆手にとり、体内でゆっくりとタンパク質を供給し続けてくれるからです。

ただ、この二種類はどちらも牛乳由来のプロテインですから、どうしてもお腹を壊してしまう、という人もいらっしゃると思います。

その場合はソイプロテインを選びましょう。大豆プロテインには女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンも含まれていますので美肌効果はばっちりです。

いずれにせよプロテインはあくまでもタンパク質の粉末でありサプリメントに過ぎません。

大前提として普通の食事で栄養素は賄うべきであり、それでも足りない場合だけプロテインで補うことが大切です。

1日の必要タンパク質量は、最低でも自分の体重と同じグラム数は摂るべきです。体重50kgの女性であれば50gといった感じです。

日常的に体を動かす習慣のある人は1.5~2倍グラムは必要です。

プロテインを利用したダイエット方法

プロテインを利用したダイエット方法

プロテインを利用したダイエット方法に「一食置き換え法」というものがあります。

プロテインはタンパク質そのものですから、これにいくつかのビタミンやミネラルといったサプリメントをプラスすることで、「1日のうちの一食をプロテインだけで済ます」ことができるのです。

不必要な炭水化物と脂質をカットすることができるため、栄養不足になることなく大幅なカロリー制限を行えるというわけですね。

ファスティングダイエットや酵素ダイエットも置き換えダイエットという意味では同じ方法ですが、健康的に痩せるためのタンパク質が圧倒的に足りません。

その点、プロテインダイエットは痩せるために必要な筋力アップ、そして美容にも効果的なダイエット方法です。

ダイエット中の方は、自分の食生活を改めてチェックし、もしタンパク質が足りていないようならプロテインを使ってみると良いでしょう。

プロテインを上手く使えば、より健康的で引き締まった美しい体を手に入れることができます。

痩せるために必要なプロテインを効果的に摂取しよう!
ビルドマッスル公式サイト

 

プロテイン以上の効果が!?粉末じゃなくて飲みやすい『ビルドマッスルHMBサプリ』とは?

 

  関連記事

もう我慢の限界!夜寝る前に食べても太らない食べ物7選

ダイエットをしていると夜寝る前にお腹が空いてしまうことがありますよね。「もう我慢の限界!」になってしまった時に食べても太らない食べ物・食品を紹介します。

カロリー計算できてる?ダイエット中の正しい食事制限

ダイエットは消費カロリーと摂取カロリーをしっかりと計算することがポイント。カロリー計算の方法と正しい食事制限を紹介。

JAWBONEの活動量計「UP2」で健康管理を見える化!

JAWBONEの「活動量計」知っていますか?運動・食事・睡眠などの健康管理が簡単にできるデバイスとして人気です。ここで、その機能や使うことによるメリットを紹介。

グラノーラがダイエットに効果的な理由と正しい食べ方とは?

ダイエットに効果的だと言われて人気のあるグラノーラ。具体的にどんなダイエット効果があるのか?グラノーラの正しい食べ方も紹介します。

もしかして食べ過ぎかも?過食症の症状と原因とは?

ただの食べ過ぎと過食症では、その症状や原因が根本的に違ってきます。食欲がなかなかおさまらない…という人は、ぜひ一度参考にしてみて下さい。

食事制限による間違ったダイエットしてない?リバウンドどころか命の危険に繋がるかもよ?

間違ったダイエット方法のひとつに「食事制限」があります。確かに食事制限をすれば痩せることができますが、行きつく先はリバウンドどころか命の危険を招くこともあるのです。

無理なダイエットが摂食障害の原因に?症状を一度チェックしよう!

無理なダイエットをし過ぎると体に負担がかかります。さらには痩せるどころか、過食症や拒食症などの摂食障害を患ってしまうこともあります。一度症状をチェックしてみましょう。

簡単なのに効果抜群!痩せるための筋トレダイエットのやり方

筋トレダイエットは正しく行えば効果的に痩せることができます。ここでは「痩せるため」の筋トレダイエットについて、そのやり方や注意点を紹介しています。

短期間のダイエットは危険過ぎる!?正しい健康的なダイエット方法とは?

女性をはじめ、容姿・外見の美への追求からダイエットを行っている人は多いですよね。でも、ダイエットには危険が伴うということも忘れてはいけません。ここで正しい健康的なダイエット方法について紹介します。

綺麗になりたい女性におすすめ!簡単で効果的なダイエット方法6選

ダイエット方法も様々ありますが、無理なく継続して行うには自分に合った方法を見つけることが重要です。簡単で効果的な、女性におすすめのダイエットを紹介します。