*

ほんとに痩せる?コーヒーダイエットの効果と正しい方法

      2016/01/08

ほんとに痩せる?コーヒーダイエットの効果と正しい方法

最近は、ダイエットブームで、雑誌でも様々な特集が組まれていますよね。

例えば、朝食バナナダイエット。

朝にバナナのみ食べることで痩せるというダイエット方法はブームを呼び、店頭からバナナが無くなった現象が起きました。

他にも納豆ダイエットは、食事の前に納豆を食べると痩せるというダイエット方法。

この時もスーパーから納豆が消えました。

日本はまさに健康志向…と言うか、ダイエットブームだと言えます。

そんな中、最近注目されている新たなダイエット方法があるんです。

それは、毎朝目覚めに飲んだり、眠気覚ましに飲んだり、おやつやリフレッシュタイムに飲んだりするコーヒーなんです。

コーヒーを飲んで痩せる理由

「コーヒーがダイエットに良い」なんて話題を聞いたことはありませんか?

最近では、コーヒーが実は痩せるアイテムだ注目集めているのです。

コーヒーと言うと、以前は飲み過ぎはカフェインが多いから眠れなくなるなど聞きましたが、最近では健康やダイエットに効果的だと注目されているのです。

コーヒーに含まれる「カフェイン」は、脂肪を燃焼させる成分だと言うことが判明しました。

運動前にコーヒーを飲むのと飲まないのでは、脂肪の燃焼の仕方が変わってくる研究結果が報告され、医学的にも証明されました。

コーヒーはダイエット効果が強く、健康にも良い食品だということも分かりました。

過去にはコーヒーのカフェインには「発ガン性」があると言われていましたが、逆に「発ガン性物質」を撃退することが研究で認めらました。

他にも、コレステロール値を減らして善玉コレステロールをアップさせるので、動脈硬化や生活習慣病の予防に効果的と実証されました。

ダイエットと一緒に健康維持もできるのは嬉しい情報ですよね。

他にも、コーヒーのカフェインは中枢神経を刺激させ、カテコールアミンという成分を発生させます。

「カテコールアミン」とは、体内に蓄積されていた脂肪をエネルギーとして消費するように仕向ける成分でダイエットに繋がると言われています。

精神安定し暴飲暴食を防げる

精神安定し暴飲暴食を防げる

ダイエット中は気分も上がったり下がったりと、気分の変化も大きいですよね。

食べたいものも我慢するのでストレスも溜まり、情緒不安定な状態が続きます。

我慢をしすぎると、爆発して暴飲暴食に走る傾向が多いと聞きます。

ダイエットの挫折で、リバウンドの原因にもなるので、注意しなくてはいけません。

そんな中、コーヒーは精神を落ち着かせてくれる効果があると言われています。

ダイエット用の制限された食事の後に、コーヒーを飲む事で満足感が得られるのです。

精神安定としてもすばらしいコーヒーダイエットは、ダイエット継続の強い味方ですね。

減量中のイライラはコーヒーを飲めばオッケー

減量中のイライラはコーヒーを飲めばオッケー

コーヒーには「クロロゲン酸」が含まれています。

「クロロゲン酸」とはポリフェノールの一種で、コーヒーの香りや味を作る成分。

ガンや動脈硬化予防、アンチエイジングにも効果的と言われています。

クロロゲン酸は、肝臓でも脂肪燃焼アップをさせる研究結果があり、ダイエット成功可能性も高いようです。

他にも、身体内の集中的な脂肪細胞に直接アタックする作用があり、減量効果も早いと聞きます。

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーはブラックで飲むこと。

甘いお砂糖を入れて飲むと、逆に高カロリーになってしまいダイエットになりません。

あくまでも「ブラック」で飲むのが、コーヒーダイエットです。ブラックが、飲みにくい方は、少しだけミルクを入れても大丈夫です。

飲むタイミングは、食前、食後、入浴前、運動前に飲むと効果的。

タイミングの目安はこちら。

  • 食事前は30分くらい前。
  • 食後は20分くらい後。
  • 入浴前は、1時間前くらい。
  • 運動前は30分前。

まとめて飲むのではなく、1日5~7杯に分けて飲むことがオススメです。

一気に大量に飲むと、胃を痛めてしまう可能性があるので注意してください。

アイスコーヒーではなく、ホットコーヒーを飲む事。

アイスコーヒーではなく、ホットコーヒーを飲む事。

アイスコーヒーは身体を冷やしてしまうので、逆に太りやくしてしまいます。

身体を温め、代謝をアップさせる意味でも、ホットコーヒーで飲みます。

カフェインの効果の持続タイムは、だいたい3時間くらいと言われています。

継続してコーヒーを飲むと、脂肪燃焼時間も継続されて、よりダイエット効果が期待できそうですね。

コーヒーの効果は偉大なのです。

コーヒーには「利尿作用」があり、むくみを取ってくれます。

具体的にはコーヒーのカフェインには利尿作用があり、余分な水分を体外に排出してくれます。

スッキリした身体はスリムに見えますので、ダイエット効果も大きいです。

また、この情報は高血圧気味の方にも有利な情報です。

体に塩分が多い状態が高血圧の原因ですが、コーヒーを飲む事で「塩分」を尿として出します。

これは血圧が下がることにも繋がり、高血圧も改善される健康法と言われています。

まとめ

如何でしたか?

コーヒーダイエットをご紹介してきました。

コーヒーが好きな方や毎朝飲んでいる方には、嬉しい情報ですよね。

ダイエットだけでなく健康にも効果があることがメディアで大々的に取り上げられたら、スーパーからコーヒーが売り切れて無くなってしまいそうです。

ダイエットは継続が大事です。

コーヒーならば、簡単に続けられそうですよね。

ぜひ「コーヒーダイエット」トライしてみて下さい。

最後に、妊娠中の方はコーヒーダイエットはオススメできません。

カフェイン摂取は妊婦さんにとって貧血になりやすい成分なので、無事に出産されてから、コーヒーダイエットチャレンジしてみて下さい。

製薬会社で開発された『ダイエット専用コーヒー』
コーヒーでメラメラパワーをGET!エクササイズコーヒー

コーヒーにオリゴ糖を混ぜるとダイエット効果がさらにUP!
オリゴ糖でダイエット中の便秘も治る?『カイテキオリゴ』の口コミ

 

  関連記事

低GI食品『えん麦のちから』で穀物ダイエットにチャレンジ!

低GI食品として話題になっているえん麦。これは簡単に言えば穀物ですが、その栄養素がダイエットに最適と言われています。えん麦の効果とその方法について詳しく紹介します。

もう我慢の限界!夜寝る前に食べても太らない食べ物7選

ダイエットをしていると夜寝る前にお腹が空いてしまうことがありますよね。「もう我慢の限界!」になってしまった時に食べても太らない食べ物・食品を紹介します。

減らす?増やす?正しいタンパク質ダイエットとは?

ダイエット中はタンパク質の摂取量を減らす?増やす?正しいタンパク質ダイエットの方法を紹介しています。

ヨーグルトダイエットのやり方は?低カロリーで便秘も解消!

ヨーグルトは低カロリーで栄養がとても豊富。健康的に痩せることができると言われています。ヨーグルトダイエットの方法を説明。

玄米ダイエットは栄養的にも効果的!でも、味が苦手?

玄米はダイエットにとても効果的な食品です。注目すべきはその栄養と食物繊維。玄米の種類や白米との違いについて、そして炊き方なども併せて紹介しています。

便秘気味ならやっぱりバナナダイエットがいいの?

流行のバナナダイエットはバナナの栄養素をフル活用して、そして同時に便秘まで解消できる夢のダイエット方法!と思いきや、そこには大きな落とし穴が・・・

レシピ公開!おかゆダイエットの効果とやり方

おかゆはダイエットに効果的と言われています。その理由とやり方について、併せてレシピも紹介しています。

年齢と共に太りやすくなったら!ファンケル『大人のカロリミット』の効果とは?

「昔はダイエットをすればすぐ痩せれたのに、年齢とともに太りやすくなった…」と感じている人にはファンケルの大人のカロリミットがおすすめ!

手っ取り早く痩せる方法▼ダイエットランキング▲

【ダイエットランキング】あなたはどれを選ぶ?確実に痩せたいならこの方法でダイエットしよう!

チアシードを食べてもダイエット効果なし?

いま話題のダイエット食材「チアシード」。意識して食べてるのにダイエット効果がないという口コミもありますが、その真相とは?