*

チアシードを食べてもダイエット効果なし?

      2016/01/08

チアシードを食べてもダイエット効果なし?-500x334

チアシードを食べたら痩せた・・・とブームになっていますが、皆さんはどんな食べ方をしていますか?

あのスタイル抜群のミランダ・カーさんも食べているというチアシードですが、「こんな食べ方をしていてはダイエット効果が薄れる」という注意事項があるようです。

素敵に痩せたい方、これは必見です。

-PR-

大ブームのチアシード「その食べ方じゃ効果なし」

大ブームのチアシード「その食べ方じゃ効果なし」

海外セレブの間で大ブームのチアシード。

ダイエットに抜群の効果ありとして、日本でもヨーグルトやホットケーキにチアシードを混ぜて食べている…という人が増えているようです。

あまり聞きなれないこの「チアシード」というものは、「チア」とよばれるシソ科の植物の種で、もともと南米で古代から食されている食材です。

このチアの種、つまりチアシードは、そのダイエット効果について注目が集まっていますが、実は、すばらしい「栄養の宝庫」ともいえるほどの「奇跡の食材」なのです。

その栄養価はなんと次のようになっています。

たとえば、

  • カルシウムが牛乳の6倍
  • 鉄分がほうれん草の3倍
  • オメガ3がサーモンの8倍
  • たんぱく質がキドニー豆の6倍
  • セレニウムがフラックスシードの4倍

…などとなっており、チアシードを食べればまさに健康的な生活を送れそうな気がしてくるほどです。

さらに、これらの栄養素は、私たち現代人にとっても必要な栄養素ばかりですから、ダイエット効果とダブルで期待が大きくもてそうです。

さて問題は、そのチアシードの食べ方なのですが、購入してきたチアシードをそのままヨーグルトなどにまぜて食べている…という人、いらっしゃいませんか?

実は、その食べ方ではダイエット効果としては手薄なのです。

-PR-

水と仲良し?チアシードの食べ方

水と仲良し?チアシードの食べ方

では、チアシードの正しい食べ方をここで紹介します。

チアシードの基本的な食べ方とは、「まず水に浸してから食べる」ということなのです。

実際、チアシードを水に浸しておくと、10分ほどでもともとの大きさから約10倍ほどふくらんでいきます。

これは、種が水分を吸って膨張したということになりますが、もし水に浸さずに食してしまったとすると、チアシードが胃の中で水分を吸ってしまう…ということになります。

このため、チアシ-ドを食べているのに「便秘」になってしまった…という事態を招く恐れもありますので、「水に浸してから食べる」という手順を忘れないようにしたいものです。

さて、水につけた種をよく見ると、透明なゼリー状のものができていることに気がつくと思います。

これは、こんにゃくにも含まれる成分「グルコマンナン」と呼ばれるもので、食物繊維の一種となります。

このグルコマンナンが、

  • 満腹中枢の刺激による食欲の抑制
  • 糖分・コレステロールの吸収の抑制
  • 便秘解消

…などの働きを担ってくれるわけなのです。

このため、もし水につけずにそのまま食してしまうと、ダイエット効果としては薄れる可能性が高くなってしまうわけなのです。

また、早く食べたいからと言ってお湯につけようとする人がいらっしゃるようです。

これは名案のようにも見えますが、実はせっかくのチアシードの美容成分が壊れてしまいますので、お湯はかけないよう注意しましょう。

-PR-

チアシードは意外にも高カロリー!?

チアシードは意外にも高カロリー!?

チアシードは確かにダイエット効果が期待できるとして、ブームとなっています。

しかし、チアシード自体のカロリーは意外に高いのです。

ダイエットに良いものは、痩せたい願望が先立ち、ついついたくさん食べたくなってしまうものですが、ここはぐっと我慢しましょう。

なぜなら、チアシード100グラムで約530キロカロリーにもなり、これはご飯をお茶碗二杯分食べたのと同じ計算になってしまいます。

一日の適正な摂取量とは?

目安として覚えておくと良いのは、「大さじ1杯」程度です。

このため、一日の標準的な摂取量以上にいろいろなものに混ぜて食べてしまうと、ダイエット効果を実感できない恐れもありますので、注意したいものです。

まとめ

こんなに様々な栄養価があり、ダイエットにも便秘解消にも良いとされるチアシードですが、「口コミほどの効果が実感できない」という人は、チアシードをしっかり水につけてから食べるということをしていきましょう。

水につけてグルコマンナンという食物繊維を食べるようにすれば、お腹にしっかりたまり「食べた」という実感を得やすくなり、満腹中枢を刺激してくれるのです。

逆に、水につけずに乾燥したままのチアシードを食べてしまうと、体内で水分を吸ってしまうので、かえって便秘になることもあります。

もし誤ってチアシードを乾燥したまま食べてしまったら、水分をよくとるようにしましょう。

さて、ヨーグルトやホットケーキに混ぜて食べる方法もダイエットとしてはよいのですが、ダイエット効果を感じにくいという人は、一食分をチアシード入りスムージーに置き換えてみてはいかがでしょうか。

これはミランダ・カーさんが実行している方法ですが、栄養もしっかり摂取できますので健康的にやせることが期待できます。

 

  関連記事

緑茶はダイエットに効果あり?その効能と注意点

トクホのお茶に代表されるように、緑茶にはダイエット効果があると言われています。その効能と注意点も併せて紹介しています。

「ダイエットしてるのに何故か痩せない…」その原因、野菜不足かも!?

しっかりとダイエットや運動をしているはずなのに、何故かなかなか痩せない…ということは実はよくあります。実はその原因、野菜不足にあるのです。

減らす?増やす?正しいタンパク質ダイエットとは?

ダイエット中はタンパク質の摂取量を減らす?増やす?正しいタンパク質ダイエットの方法を紹介しています。

レシピ公開!おかゆダイエットの効果とやり方

おかゆはダイエットに効果的と言われています。その理由とやり方について、併せてレシピも紹介しています。

オリーブオイルはダイエットに最適?カロリーはどうなの?

オリーブオイルはダイエットに最適な食材です。カロリーも少なく、他にも理由がたくさんあるので紹介します。

肥満と便秘に効く!?本気で脂肪を落とすなら生漢煎『防風通聖散』

女性にとっての悩みの種と言えば肥満と便秘。体質的なことから脂肪が付きやすく、便秘にもなりやすいとされています。ここで肥満と便秘に効くと人気の生漢煎「防風通聖散」を紹介します。

玄米ダイエットは栄養的にも効果的!でも、味が苦手?

玄米はダイエットにとても効果的な食品です。注目すべきはその栄養と食物繊維。玄米の種類や白米との違いについて、そして炊き方なども併せて紹介しています。

ほんとに痩せる?コーヒーダイエットの効果と正しい方法

意外と知られていない効果的なダイエット方法として、コーヒーダイエットがあります。その効果と正しい方法を紹介しています。

最初は何から食べる?食べ順ダイエットの正しいやり方とその効果は?

ダイエットの基本となった食べ順ダイエット。ポイントは血糖値の上昇と満腹感。正しいやり方とその効果について紹介しています。

ゼロカロリー食品はおすすめ?食べても太らないおやつ6選

ダイエット中は食事制限をするため、どうしても空腹感からストレスを溜めてしまい、結局失敗…なんてことも。ここで食べても太らないおやつ・お菓子を厳選して紹介!