*

ダイエットにも効果的!ごぼう茶の作り方と効能とは?

      2017/02/09

ダイエットにも効果的!ごぼう茶の作り方と効能とは?

お茶にも色々ありますが、最近野菜茶の種類も豊富ですよね。

その中でも特にごぼう茶は、アンチエイジングやダイエットに効果あり!と根強い人気があります。

マスコミでも騒がれたので、飲んだことはなくても名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

たしかにごぼう茶は健康や美容の強い味方となる優れた飲み物で、中国ではごぼうが漢方として重用されています。

そんなごぼう茶は、意外と簡単に手作りができます。その方法、効能をご紹介しましょう。


ごぼう茶とは?

野菜茶を飲んだことの無い人は、ごぼう茶と言ってもどんなお茶か想像がつきにくいかもしれません。

お茶の代表である緑茶、ウーロン茶、紅茶などはすべて同じお茶の葉を使っていますが、ごぼう茶などの野菜茶は、茶葉とは一切関係がありません。

ごぼうを乾燥させたものを煮出した汁のことを「お茶」と呼んでいるだけです。

ごぼう茶ブームの火つけ役

ごぼう茶ブームの火つけ役

もともとごぼう茶は漢方としての歴史もある古い飲み物ですが、昔はそう一般的なものではありませんでした。

ところが今は、ドラッグストアにもスーパーにもたくさんの種類のごぼう茶が売られていますよね。

野菜茶の中でも地味だったごぼう茶が脚光を浴びたのは、アンチエイジングを自ら実践しているナグモクリニックの南雲吉則医師が「アンチエイジングにもっとも効果のある飲み物」としてすすめたところからです。

この南雲医師、たしかにそうとう若々しい見た目をしているので、かなりの説得力がありました。

そこから一気にごぼう茶はブームになったのですが、よくある一時的なブームで終わらず、根強い人気が続いています。なぜでしょうか。

ごぼう茶人気の理由

ごぼう茶人気の理由

  • 味の良さ
  • ノンカフェイン
  • 夏冬関係なく飲める
  • 料理にも活用できる
  • ごぼうの健康効果に歴史があって信頼性がある
  • 調理するより栄養が効率よく摂れる
  • 手作りもできる

ごぼう茶と聞くと土臭い味を想像するかもしれませんが、良質なもの、手作りのものは意外なほどスッキリと飲みやすい味です。

緑茶やウーロン茶と違いカフェインも入っていないので、夜間やカフェインが苦手な人、子どもや妊婦さんでも飲むことができます。

また、ごぼうは漢方として使われるほどの薬効が知られていますが、そうたくさんは食べられませんよね。

お茶にすれば毎日気軽にごぼうの健康成分が摂れ、調理すると失われてしまう栄養も丸ごといただくことができます。

さらに、緑茶や麦茶と違って体を冷やさないので、寒い季節にも安心して飲めます。

ごぼう味なので、味噌汁やスープに混ぜたり料理に活用したりもできます。

自分で手作りもできてコストパフォーマンスがいいのも人気の秘訣です。


飲み過ぎに注意!

優れた健康効果と気軽さで人気のごぼう茶ですが、どれだけ体にいいと言われているものでも飲み過ぎはよくありません。

とくにごぼうに含まれているサポニンは、摂り過ぎると体の毒となって吐き気などを引きおこす可能性があります。

体質によっては、飲み過ぎでなくてもサポニンが合わずに胃がムカムカしたりする人がいるようです。

誰かがいいとすすめるものが、必ず自分にも合うというわけではありません。

自分の体と相談しながら、適量を飲むようにしましょう。

味が好みでない場合、無理に飲んでもあまりいい影響は期待できません。

ごぼう茶は薬では無いので、美味しく飲めることが前提です。

ただ、市販のごぼう茶はかなり味に違いがありますので、まずいと感じたら他を試すか、手作りしてみるというのもおすすめです。

ごぼう茶の効能

ごぼう茶の効能

  • 便秘の解消、予防
  • アンチエイジング、美肌効果
  • 血中のコレステロールを排出する
  • 豊富なビタミン・ミネラル分
  • 糖尿病の予防
  • 冷え症の予防・改善

便秘の解消、予防

ごぼうと言えば、食物繊維の豊富さが一番にあげられます。

あの歯ごたえのもとになっているいかにも繊維質な不溶性食物繊維に加え、ごぼうにはイヌリンという水溶性食物繊維も含まれています。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は両方をバランス良くとることが、腸内環境を整える上では大きなポイントとなるのです。

不溶性食物繊維は消化されずに腸内で水を吸い、便のかさを増やして腸を刺激する働きがあります。

一方、水溶性食物繊維であるイヌリンは、水に溶けて粘り気のある物質に変わり、腸内をゆっくりと移動して周囲の不要な脂肪分などをからめとり、清掃作用を発揮します。

そして大腸に達すると善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。

不溶性食物繊維ばかりを摂り過ぎるとお腹が張ってしまうだけで便秘がかえってひどくなることもありますが、水溶性食物繊維と合わせて摂ることで、効果的な便秘解消が期待できます。

ごぼうは、この2種類の食物繊維がバランス良く、豊富に含まれています。

糖尿病の予防

イヌリンがゆっくり腸内を移動することで期待できるのは、便秘の改善だけではありません。

移動している間に糖類もからめとり、体への吸収をおだやかにしてくれます。

そのため、ごぼうを食事に取り入れると血糖値が上がりにくく、糖尿病の予防に効果があると言われています。


血中のコレステロール値を下げる

イヌリンが脂質の吸収も穏やかにしてくれることに加え、ごぼう含まれるサポニンには不要なコレステロールを体外に排出する働きがあると言われています。

アンチエイジング、美肌効果

ごぼうがアンチエイジングにいい!と言われる大きな根拠は、抗酸化作用の強いクロロゲン酸やサポニンを始めとするポリフェノールが豊富に含まれているからです。

ポリフェノールといえば、赤ワインやチョコレートのイメージが強いですが、そもそもポリフェノールは、自然界に存在するものの中に含まれている色素やえぐみ成分の総称で、その種類は数えきれないほどあります。

それぞれの植物が、周囲の影響に負けずに生き抜くための知恵として様々なポリフェノールを生みだしていて、抗酸化作用の強さも種類や個体によって違います。

その中でもごぼうは、とくに強い抗酸化作用のポリフェノールを備えていると言われています。ワインやチョコレートに比べると、日常的に摂りやすいのも魅力です。

また、抗酸化作用による美肌効果に加え、ごぼうに含まれるサポニンという物質には、肌を引きしめてくれる効果があると言われています。

冷え症の予防、改善

ごぼうは、体を温める代表的な野菜です。根菜類はどれも体を温める効果があると言われていますが、ごぼうはその中でもとくに、薬草で使われる高麗ニンジンに近い性質を持っていると言われ、漢方では冷え症の改善や予防に活用されています。

また、サポニンには血液をサラサラにして血行をうながす効果もあると言われています。

ごぼう茶の作り方

ごぼう茶の作り方

市販でも様々な種類のごぼう茶が売られていますが、自分で簡単に手作りすることもできます。

最初はちょっと手間に感じるかもしれませんが、その美味しさがわかればやみつきになるかもしれません。

①土付きごぼうの土を綺麗に洗う

洗いごぼうだとせっかくのいい部分までが落とされているので、できれば土付きのものを使いましょう。

洗うときに強くゴシゴシこすり過ぎてしまうと皮もむけてしまいます。有用成分は皮を中心に含まれているので注意しましょう。

②皮つきのままピーラーでささがきにする

③吊るし網(100均でも売っています)やザルを使い天日干しにする

天候や気温によって違いますが、夏場なら1日から2日、冬場なら3日から1週間程度かかるかもしれません。

雨や夜露に注意しながら、カラカラになるのを待ちます。

④ごぼうが乾いたら取り入れて、フライパンでさらにから煎りをします

焦がさないように注意して、弱火で5分から10分程度煎ります。

⑤新聞紙などに広げて冷ましたら出来上がりです

ひとつまみを1人分として、きゅうすに入れて熱湯で5分蒸らすか、こし袋に入れて煮出しましょう。

夏は冷やしても美味しく飲めます。

まとめ

優れた健康効果と気軽さが人気、ごぼう茶の作り方と効能をご紹介しました。

ごぼうはたくさん食べるのが難しい野菜で、調理すればかなりの栄養が失われてしまいます。

市販のものだとかなり味のクセを感じる場合がありますが、自分で作ったものは甘くてとても美味しいですよ。ぜひ試してみてくださいね。

ごぼう茶を作るのが面倒な人には、出来合いのものが販売されているので上手く利用しましょう。


 

  関連記事

夜トマトダイエットで健康的にダイエットできる!

トマトの栄養素は健康的なダイエットに効果的です。以前よりもさらにパワーアップしたトマトダイエットを紹介しています。

オリーブオイルはダイエットに最適?カロリーはどうなの?

オリーブオイルはダイエットに最適な食材です。カロリーも少なく、他にも理由がたくさんあるので紹介します。

グラノーラがダイエットに効果的な理由と正しい食べ方とは?

ダイエットに効果的だと言われて人気のあるグラノーラ。具体的にどんなダイエット効果があるのか?グラノーラの正しい食べ方も紹介します。

お茶でダイエット!その種類と効能とは?

お茶はダイエットに非常に効果的であると言われています。どんな種類があってどんな効能があるのかを紹介しています。

「ダイエットしてるのに何故か痩せない…」その原因、野菜不足かも!?

しっかりとダイエットや運動をしているはずなのに、何故かなかなか痩せない…ということは実はよくあります。実はその原因、野菜不足にあるのです。

緑茶はダイエットに効果あり?その効能と注意点

トクホのお茶に代表されるように、緑茶にはダイエット効果があると言われています。その効能と注意点も併せて紹介しています。

玄米ダイエットは栄養的にも効果的!でも、味が苦手?

玄米はダイエットにとても効果的な食品です。注目すべきはその栄養と食物繊維。玄米の種類や白米との違いについて、そして炊き方なども併せて紹介しています。

豆乳ダイエットの正しいやり方と効果

流行りの豆乳ダイエットのやり方と効果について説明しています。これから始めようと思う人はぜひ参考にしてみて下さい。

最初は何から食べる?食べ順ダイエットの正しいやり方とその効果は?

ダイエットの基本となった食べ順ダイエット。ポイントは血糖値の上昇と満腹感。正しいやり方とその効果について紹介しています。

もう我慢の限界!夜寝る前に食べても太らない食べ物7選

ダイエットをしていると夜寝る前にお腹が空いてしまうことがありますよね。「もう我慢の限界!」になってしまった時に食べても太らない食べ物・食品を紹介します。